ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

メリスマの歌い方 (7/4)

メリスマ (melisma) とは、シラブルの対語である。歌詞の1音節に対して、いくつかの音符を当てはめるような曲付けの仕方をいう。あるいは、もともと1音節対1音符で作曲されている部分(シラブル様式)に、2つ以上の音符を用いて歌うことを言う。民謡や演歌だと、こぶしに近い。セリーヌ・ディオン、マライア・キャリーの歌い方も、メリスマを使っている。
d0017084_99230.jpgキタラソロデビューは「スタバト・マーテル」の8番「Inflammatus」と10番「Amen」に、ソロ部分があります。8番だと「インフランマッア~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~トゥスエッタァチェンズォス」の~~~は、ぜ~んぶ音が変ります。10番だと「ア~ア~ア~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~メン」になります。できないF3EF.gif
歌姫(彼女がソロをすると信じていたのに、出られない)に、コツを聞きました。ざっとこういうことです。
 ①ポジションを落とさないこと。
 ②息を流すこと。
 ③一音一音を歌い過ぎないこと。
d0017084_9122535.jpgだそうです。そのために、息は鼻から吸う・・・これが案外難しい。夢中になると、口から吸ってしまう。口角と頬骨を上げて吸う。響きは鼻の前面に。ウォーミングアップは、高過ぎないロングトーンで。ブレスの位置を決めて、息が余っても守る。脱力が課題(ポジショニングにこだわると、顔・首・肩が疲れる)腹筋と言うより、恥骨(内転筋)を意識。
調子が良いとできるように思いますが、ものすごくむらがあります。歌姫さん、しゃかりきでがんばります。
d0017084_9131044.jpg昨日の歌会に、ある子ちゃんが、もらいものだけれどと、こんな物F465.gifを持って来てくれました。これ、何日か前に、ネットでたまたま見ました。その"キモカワ"なビジュアルが地元飛騨高山で話題になっているらしい。バリエーションは白、黒、三毛、とら、ロシアンブルーの5種類。5匹のノラねこが縦に並んで箱に梱包された姿も爆笑必須となっているとか。飛騨高山など縁が無いので、実物にお目にかかれるなどとは、夢にも思っていなかったので、嬉しいったら。ある子ちゃん、ありがとう。
私は、ロシアンブルー(黒ゴマ生地で小豆こしあん)と、黒猫(竹炭生地で黒砂糖あん)をいただきました。で、ウンチは
新聞に出ていました。我らがはかせ次郎さんF6E0.gifは、ソルフェージュ指導の専門家である手島由美子さんの甥で、札幌で一緒に音楽教室をやっているのですって。さすがぁ。失礼いたしました。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/21924313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2015-07-04 09:06 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai