Nyankai Art Festival 2015開催 (6/19)

毎年、意図的にではないのですが、スケジュールがびっしりになることがあります。本日より6月いっぱい12日間を、Nyankai Art Festival略してNAFといたします。 
 19日(金) 午後、まじょ子町の小学校にて、ヴァイオリンコンサート
        夜は、歌会、フリマへ向けての練習
 20日(土) 午後、門別中学校演劇部定期公演
        夜、「ひで&たま」ライヴ―B.B☆Hall
 21日(日) ナカジマ家具店フリマに出演 (ナナさんの運動会に行けない、残念)
 25日(木) 2CELLOSコンサート―札幌ニトリホール
 27日(土) ファーチレ練習日
 28日(日) 財津和夫アコースティックコンサート―レ・コード館
 30日(火) ヴァイオリンとピアノの夕べ―静内
2CELLOSコンサートが、イケメンを見たいのと、どうやら私はチェロフェチなので、かなり早くから決まっていた位(もちろん「スタバ」練習も)で、後からどんどん増えて行きました。
2CELLOSと財津さんがExpensiveな位で、後はほどほどや無料なので、何とか。
食べることには興味が無く、おしゃはしたいけれど、高級品に価値を見いだしませんし、どこに重きを置きたいかと言えば、この辺りになるのです。何かを観る、聴くことは、時に、自分で練習をしたり考えたりすることよりも、有益です。
ごちゃコンの写真の中に、なんちゃって孫たちの夢の様な瞬間を捕らえた1枚があります。ミュージカルのワンシーンかと思いました。「昭和のメドレー」に紙吹雪を使ったのですが、それがステージの床に落ちたままになっていました。d0017084_91789.jpg孫たちは直後から、拾って手に取り、又撒くことに熱中していました。紙吹雪という物は、独特の効果を生みます。1度あれを浴びる快感を味わうと、忘れられなくなります。「卑弥呼」の楽ステ(私も映っています、観てね)では、震えました。孫たちは、紙吹雪の先に無限の未来を感じていたのでしょう。
   紙吹雪拾い集めて飽きもせず
        いく度でも撒く夢にとどけと

本当は写真を載せたいのですが、かわいい顔がそのまま載ってしまってはもったいないので、久しぶりに絵を描いてみました。
歌友の猫、アメショー14歳♂クライド君は、腎不全のステージⅣだそうです。何たることF6BF.gif。症状を聞くと、ネギもだんだんそうなってきているなぁと感じます。マコウンチはたぶん
[PR]

by nyankai | 2015-06-19 08:56 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/21887641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。