グサ~ッと刺さった白羽の毒矢 (3/17)

皆さん、ソロの件について、お祝いや励ましを、どうもありがとうございます。
私が大騒ぎしたものだから、けっこう勘違いされているかもしれないので、言い訳しておきますね。「何時間、何曲歌うのですか?」とコメントしてくれた人がいて、これはまずい!と思いました。
曲は、ドメニコ=スカルラッティの「スタバト・マーテル」全10曲。その中の、8番と10番には、メリスマといって、一音節にたくさんの音符があてがわれている部分があり(演歌のこぶしとは違います)、そのパート全員で歌うと、ずれてしまう危険が多々あります。テナーにもあります。だから、いっそソロの方が良いという結論に至ったのには賛成です。正味2分・・・もっと短いかもしれないけれど、はっきり言って、歌への熱き思いだけではできません。テクニックが必要です。そんなテクニックなど無いのに、なぜか私に、夢にも思っていなかった、白羽の矢がグサ~ッと刺さったのです025.gif。矢の先には、甘美な毒が塗ってある。運命の神様の仕業でしょうか。
d0017084_9315044.jpg音楽が好きで、大学で学びました。教員免許をとり、小学校の音楽専科として、短い間ですが教えました。でも、音楽はあくまで趣味です。おいしい所だけをつまみ食いして、責任などとらず、嫌なこともしない、私にとって音楽はそういうものでした。
もちろん、出たがりの自覚はあります。でも同時に、すごく怖いです。だってキタラだよ。大ホールのステージには、数回ですがたくさんの人と一緒に立ったことはありますが、小ホールのステージは、未知の世界です。
何十年も合唱をやって来て、ソロを歌いたいくせに、歌おうとするとあがってしまって、心臓ドッキドキ、頭はボ~ッとして、全然うまく歌えない。ソロが気になって、終わるまでは楽しめない。良くある合唱人間でした。私にきっかけをくれたのは劇団I’Mでした。「私は女優、私は歌手、私を見て!」と、胸にライトを受ける。おかげで、あがることは少なくなりました。ごちゃコンでは、ドヤ顔をする図太さも出てきました。
還暦!を目の前にした今になって、こんなことが起こるなんて、本当に人生はわからないものです。ただ一つ残念なことがあります。コンサート前日の、まじょ子町の仮装盆踊りに出るのは、不可能になりました。
私が「スタバ」に見る景色は、夜・深い森・石作りの建物・リュートを奏でる人・ろうそくの光・青い清らかな水面・月と星・・・グサ~ッと刺さった矢が抜けて、おいしいビールが飲めるのは、8月16日(日)の夕方かな。
適当な写真が無いので、敗写復活で。東京の原美術館で食べた、ケーキセット。蜷川美香さんの写真のイメージのケーキ。ソーサーに乗っている物体は、スティックにコーヒーシュガーをくっつけてあります。ウンチ
[PR]

by nyankai | 2015-03-17 09:29 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/21636853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ロ~ズマリ~ at 2015-03-17 10:53 x
刺さりまっしたねぇ~白羽の矢!
抜いちゃダメですよ、血がいっぱい出ますからw
新たなステージへの幕開け、還暦の祝い、脱皮・・・
私がワクワクしてどうする?!
願えば叶う!
ニャンカイさんの大好きな「刺激」。
でも、今までどおりに。
今までが認められたわけですから♪
おめでとう!楽しみにしていますね~~。
Commented by 280723 at 2015-03-17 11:30
歌う時間に関係なく、ソロはソロじゃないですか!

やっぱり、ブラウスとスカートを新調する事を考えましょう♪(*^O^*)/
Commented by nyankai at 2015-03-17 16:43
★ ロ~ズマリ~さんへ
ありがとうございます。
私もね、抜いたら血が出ると思ったんですよw←初めて使った ただ、あまりに思ってもみなかった事なのと、北海道では最高の場所だという事など、ありがたすぎて。

★ラッキーさんへ
連日、ありがとうございます。
新調・・・しますかね(^^♪