歌えよさらば戦はざりて済む (2/4 立春)

春です。寒いけど、お日様全開で、家の中では寒さはわかりません。思えば、年が明けた時、今年はどうか大事件や事故や災害がありませんように、と祈りましたが、早々におこってしまいました。
私が何故、大変な思いをしてまで、札幌に歌の練習に行くかと言うと、好きだから、それだけです。若い頃は、地方でも合唱はできましたが、趣味の分散化なのか、交通網が便利になったからか、難しくなってきました。もちろん、がんばって踏みとどまっている所はたくさんありますが、やりがいと言う点では、都会へ出て行くしかありません。こんな私にぴったりなのは、ゆる~い合唱団「コーロ・ファーチレ」です。参加条件は、おそらく「演奏会当日の都合がつく人」のみ、でしょう。月に1~2回、昼間練習してくれるから、参加できます。
d0017084_930475.jpg今年8月16日、キタラ小ホールで演奏会をします。プログラムはたぶん
 ♪D.ブクステフーデ作曲 Missa brevis (2曲)
 ♪D.スカルラッティ作曲 Missa breve “La stella”(5曲) 
 ♪D.スカルラッティ作曲 Te Deum(2曲) 
 ♪D.スカルラッティ作曲 Stabat Mater(10曲) 
になるでしょう。合唱オタクすぎて、聴きに来てねと誘えませんけど。ただ今、慣れない曲の数々の、音とり必死です。1コロ2コロがあるやつとか、ソプラノが4つのとか。
5月30日には、私達R.R.SingersのごちゃコンNo.6があります。こちらも、そろそろお尻に火が付いて来て、練習と言う名のお茶会をしている場合じゃなくなってきました。
年明け早々に、運命を感じた「風に立つライオン」ですが、映画が公開されるからぜひ今年としつこいお願いをしたら、N氏が歌ってくれることになりました。後藤さんはお医者様ではありませんが、この歌を思うと、つい重なってしまいます。愛する人を日本に残しても、行かなくてはならない所がある。歌とヴァイオリンは問題無し(N氏は、口が回らないと謙遜していますが)、かっこいいピアノ伴奏譜を探しています。
趣味を持つのは、良いことです。もちろん仕事でも良いのですが。趣味があれば、がんばらなくちゃならないので、人を憎んだり、疑ったり、闘ったりする暇はありません。イスラム国の人達は、歌に夢中になる気持ち、知っているでしょうか。教えてやりたいです。
今年もごちゃコンの、曲目紹介を始めます。
 ☆「風に立つライオン」作詞/作曲:さだまさしー1987年につくられた曲。2013年に小説化され、今年3月に映画公開予定。アフリカで医療に携わった、日本人医師の話しです。N氏の歌と、ハカセ次郎さんのヴァイオリンでお贈りします。
昨夜は、長いこと気になりながら台所に転がっていたカボチャを、ようやく解体しました。とても固かったので、おいしいと思います。疲れた。マコウンチは
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/21530135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2015-02-04 09:35 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)