ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

新参物語 (1/30)

d0017084_9273368.jpg昨日は、いずみのことで、コメントやメールをくださった皆さん、ありがとうございます。引き続き、今後の執筆活動のために008.gif感想などいただけたら、ありがたいです。
ちょうどガソリンが減ったので、レディースデイの昨日、給油してきました。洗車が女だけ半額になるんです。苫小牧に行った日、イオン通りはジャボジャボで、下周りはきっと塩漬け状態だったでしょう。ピカピカの車で帰宅したのは、4時半近く。日が長くなったのと、その時の気温-2℃だったのに、まだ節分にもなっていないのに、何となく春遠からじ空気を感じました。ウンチ
昨夜は、今年になって2つ目のコンサート(1つ目は「アイーダ」)に行ってきました。「北海道歌旅座 クライマーズSHOW 新参物語」です。
d0017084_9323622.jpgもう幾度行ったか思い出せないほどの、ジュンコさんとその仲間のコンサートです。北海道歌旅座が新春に贈る 昭和チックな若者の青春音楽劇(小芝居)!新参者を主役に据えた これぞ一座の新演目「東京物語」!いや~、とっても良かった。けんちゃんとちえちゃんは、歌がうまくて、今後が楽しみです。オープニングアクトと称するちえちゃんのパフォーマンスには、度肝を抜かれました。真っ赤なミニワンピースで、いきなりの「翼の折れたエンジェル」には、呆気にとられました。2部は、人民服で、「ラストエンペラー」の「レッド・ガード・ダンス」?には、さらに唖然・茫然。
東京物語は、いわゆる臭すぎる小芝居ですが、そこが良い。若い恋、遠い遠い昔、そんなことがありました。想定外に断ち切られてしまった、大好きな人との暮らしは、始まった時の良い思い出を、純粋培養して残していったのかもしれない。切なかった。
思えば、ジュンコさんの初めての体験は、2009年でした。グル―プホームの母を訪ねた帰り路だったというだけの、偶然に近いものでしたが、その時は、「悲しいことは数あれど」の歌の数々が、応援歌すぎて、素直に聴けないほどに、私はまだ憔悴し切っていました。それなのに、何か心に引っかかるものがあり、近くでコンサートがある度に通い続け、立ち直って来たような気がします。
d0017084_9333139.jpg今の私は、特別何か悩んでいるわけでもないし、気が落ちているわけでもないのだけれど、もしかしたら少し、どこかがふさがり始めていたのかもしれない。昨夜は、ふさがりがとれて、エネルギーをもらいました。心は常にメンテナンスしなければいけないのだと思いました。改めて、歌の力を思い、歌が好きであることが、ありがたいと思いました。
「歌旅座福袋」2,000円也を購入。トートバッグ\500・円山厨房特性カレー(辛口!朝から食べてみた、豚肉がホロホロでおいしい)\500×2・歌旅座ダイアリー\800・北海道地名かるた(付録は、効果音入り読み手CD-by常田富士夫)\1,000・歌旅座数え唄のCD\500―計3,800円也、超儲かった感じ041.gif
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/21516633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015-01-30 23:11 x
何かねユカイな芝居観たようですね。
唖然、呆然、臭い芝居だが、それがかえって新鮮だったとか・・。
なるほど、良かったですね。
Commented by nyankai at 2015-01-31 09:48
★根塚さんへ
芝居ではなく、ストーリー性を持ったコンサートです。「新参物語」の他にも、何パターンかがあります。
今日は、お近くの白老町「蔵」でありますよ。お出かけになってみては?
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015-01-31 22:08 x
あっ、今見たばかりで、残念でした。
白老でしたか・・。
Commented by nyankai at 2015-02-01 23:08
★根塚さんへ
それは残念でした。
by nyankai | 2015-01-30 09:20 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai