白い燕尾服 (11/26)

先日の、日高管内道民芸術祭合唱祭という行事は、来年ニャンコ座町が当番なんですって。なんですって・・・って人ごとみたいな表現なのですが、ほとんど人ごとなんですよ。なぜかというと、主催・主管が、文化団体協議会と文化連盟なので、そのどれもに所属していないR.R.Singersに、責任は無いのです。
d0017084_104289.jpg元は入っていましたが、練習をニャンコ座でするようになり、公共施設で演奏会をすることもできなくなり、メリットが無くなった上に、会費を払うとか、役員を出すとか、負担になるから、潔く抜けました。合唱連盟は、長いことお世話になった義理があるし、情報はほしいので、通信費として年間1,000円を払って、お休み扱いにしてもらって、年2回の理事会には、委任状を提出していました。
又、B.B☆Hallに出会って、自治体の援助を受けるなど、組織やしがらみは嫌だ、自分たちでやるのだと聞いて、目からうろこだったことも大きいです。事実、合唱連盟を通してごちゃコンの宣伝をしても、誰も興味を示してくれない現実があり、合唱連盟もそろそろ抜け時だなぁと思っていた矢先、隣町が、合唱祭への参加を呼びかけてくれました。
合唱団が無い町で合唱祭を開いてはいけないという規則は無いのです。町の文化協会に入ってはいないけれど、声はかかるでしょうと、言われています。あくまで、言われているだけです。自分たちから、あえて出させてくださいと言うつもりはありませんけど、知らんぷりもできないでしょう。何しろ、腐っても鯛・・・?富川合唱団なのですから。
私たちが実務的な事をしなければならないとは思えませんが、一つ、気になる点があります。当番の町の合唱団が、全体合唱の責任を負うのです。その合唱団が選曲をし、指揮者が振り、ピアニストが弾くのが原則です。今年は毎年決まっている「大地讃頌」の他、「川の流れのように」と「涙そうそう」でした。この2曲は名曲であり、私も好きですけど、こうした曲を合唱で歌うのには、みんな知っているから良いと思われがちな割に、難しいんです。だから、選曲を相談してくれたら、唱歌の「ふるさと」などをお勧めします。
d0017084_956817.jpg指揮とピアノですが、ピアノはともかく、この私が指揮などできるはずはありますまい。歌会で、どこかの団にセットで丸投げしようと思うけど、もしも燕尾服を着られるなら、一生に1度位、指揮しても良いかなと言ったら、「そこかい?」と、非常にうけました037.gif
西本智実さんみたいにさ。手品師か宝塚か?私は、白いのが良いな。いやさ、ある男性にそれを言ったら、「網タイツ?」と言われました。網タイツ・・・あ~、それは良いね。
息子の川柳  ポトンチャプンうんことびこむ水の音  傑作だ。
息子の韓国旅行リポートは、「西大門刑務所の日帝の拷問体験コーナーで、内側に針がついた小さい箱に閉じ込められる」だそうです。
 PS:今夜良かったら「イチオシ!」6時半辺りを見てください。「▽年末に要注意の詐欺」
[PR]

by nyankai | 2014-11-26 09:54 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/21337340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。