飛ぼうぜ!歌おうぜ! (11/15)

息子が12月解散で、東京公演の、政治家や秘書関係で20人は動員減ってしまう。大変迷惑であると怒っています。そうだそうだ。
その息子が来週18日、某国営放送であるNHKラジオ第一放送の「すっぴん」という番組に出演します。誇らしいよ→ここを見て。
息子の川柳  テルメ行き海パンのまま十時間  うんうん、徹底的に遊んだね。
今日は合唱祭です。10:00がステージリハ開始なので、これから行きます。居酒屋での打ち上げまで、長丁場になります。
d0017084_8315981.jpgその前夜のことだから億劫で、天気も心配だったから迷ったのだけれど、まじょ子さんの町で開かれた「にほんのうた せかいのうた みんなのうた」に行ってきました。バリトンの「吉田敦」さんと、ピアノの「山中聡子」さんです。行って良かった、すご~く良かった。
フライヤーの情報によると、吉田さんは下咽頭がんを乗り越え、ジャンルにとらわれないで、精力的な活動をされているとのこと。いかにも、クラッシックの声楽家という外見(あえて書きますまい、あえて言うなら、ピアンジ)、客の心をがっちりつかむトークやエンターテイメントに徹した舞台進行など、勉強になることてんこ盛りでした。
中高生席が作られ、主に高齢者の方たちもバスで送迎付きなど、動員に力を入れていたようで、客席は良い雰囲気でした。
オープニングが「Ombra mai fù」でした。CMでキャスリン・バトルが歌うのを見た時の衝撃は、未だ忘れられません。月にまつわる歌が続き、1部の閉めは「手のひらを太陽に」をみんなで踊って歌いました。大学で習った?振りとは若干違いましたが、まじょ子さんたちと通路に出て、大いに楽しみました。こういう時、中高生ってのは、のりが悪いものですね。恥ずかしいのはわかるけどさ。「文化祭にドレスで出た方ですね。」と、同じく楽しそうに踊っていた母娘に話しかけられました。
2部では、「ボラ―レ」。イタリア語の発音講座も交えて、一緒に「ボラ―レ」と「カンターレ」の所を歌う。振り付き「待ちぼうけ」は、さすがのオペラ歌手。フライヤーにあった「レミ」からは、ジャベールの「スターズ」072.gifで、バリトンが歌うと圧巻でした。そして「カルメン」の「闘牛士の歌」は、客席まで降りて、振動を感じるほどでした。
アンコールは、三輪さんの「ヨイトマケの唄」でした。ちゃんと聴いたことが無かったのですが、なるほどなぁと思いました。
山中さんは、Ⅰ部のチェックのロングスカートが印象的。2部のマーメイドドレスがさらにお似合いの、スレンダー美人でした。
気温は低めですが、合唱祭を祝うように、すばらしいお天気になりました。
[PR]

by nyankai | 2014-11-15 08:29 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/21302836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。