我遭遇す地縛猫 (11/3 文化の日)

あちこち文化祭でした。アルコちゃんを連れて、まじょ子町の文化祭に行ってきました。「まじょまじょ」今年はミュージカルもどきです。大魔王様のお屋敷で開かれたハロウィーンパーティーにお招きされて、ピアノや歌を披露するという設定です。
d0017084_9422756.jpg出演は、「大魔王様夫妻」と「魔女学校パトロンのマダムJ」、そして「まじょ子」&わたくし「まじょ絵」の5人です。脚本は、まじょ子さんが書いてくれました。
ストーリー:まじょ子とまじょ絵、大魔王様の御屋敷を目指すも、道わからず、ようやく目印のジャックオーランタンを見つけ、安堵する。着いたは良いが広大過ぎて、どうやって入れば良いのかわからない。客席から、アルコちゃんが、「鈴を鳴らして。」と教えてくれる。まじょ絵、自分で持ってきた杖が、タ―キッシュクレッセント(これ、子供たちに大人気でした)であることに気づき、床に打ちつけて知らせると、幕が開く。
パーティーには、長らく謎の人であった、魔女学校のパトロンであるマダムJが来ていて、みんな喜ぶ。
ピアノ連弾「カーネーション」と、大魔王様オリジナルの「あなたへ」と「秋の子」と「瑠璃色の地球」は披露され、また来年の再会を誓って、幕が下りる。
息子が劇団主宰者というのに、最低限のセリフが覚えられない、いやそれは良いとして、あまりに息子の作風に慣れ親しんだものだから、何か笑いをとらなくてはいけないと思ってしまう。慣れないことはするものではない。一応、宝塚娘役風のセリフ回しにしてみました。マントさばきは、祐様のまねをして見ました。
d0017084_9445976.jpgさすがにあがる感覚は無くなりましたが、1度も間違ったこと無い所を間違ったりして、それでも失敗したそぶりも見せず、余裕こいて、今年も終わりました。
まじょ子さんは、フラガールとしてのステージも、お疲れさまでした。みんな驚くほど上達していて、笑顔が堂に入ってきました。
地元の町立高校3年生たちが、「妖怪ウォッチ第一体操」をしました。私達、ただ今これに挑戦することにしています。終演後のロビーで、まるでスピードスケート選手みたいな太ももを持ったジバニャンに遭遇したので、一緒に写真におさまってもらいました。
さぁ次は、合唱祭だ。その前に「スタバ」の練習もあるし。私、忙しいわ。
帰り道の途中、大雨になりましたが、帰宅した時はあがっていて、小道具搬入は無事できました。
息子の川柳  バドミントンしっぱいしたのは風のせい
朝早く、強風とあられで目が覚めました。今は良い天気ですが、風強し。紅葉は終わりです。
[PR]

by nyankai | 2014-11-03 09:41 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/21267968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2014-11-06 00:32 x
息子さんの川柳はなかなか。俳句としてもなかなか。
演劇は、団員をまとめるのが大変ですよね。

よくやると感心してます。
Commented by nyankai at 2014-11-06 09:33
★根塚さんへ
小学校3年の時、何を思ったか、せっせと書いて、担任に提出いしていました。先生も、ちゃんとお返事をくれました。
劇団は、人に恵まれていると思います。が、それも息子が書くものが面白いからの他ならないからと、親バカは思っているのですよ。