ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

マウスピース メタボ クラップハンド チェロ (10/27)

昨日は季節外れの暖気、まるで行ってきたばかりの京都みたいでした。
全然そんなつもりなかったのですが、京都から帰って、ハードスケジュール。別に強いられているのではなく、好きでやっているのだけれど。
昨日はまず、午前中は「まじょまじょ」の練習。今年は、マダムZが加わってくれて、まじょ子さんが良い企画を練ってくれているので、がんばります。
d0017084_981423.jpgマダムZの豚の角煮等のおいしいランチの後、苫小牧ウインドアンサンブルの「ひだかコンサート」に行きました。
中学校でほんの少しブラバンと、大学で必修だったので仕方なくと、本当はやったことがあるのを秘密にしたい位、吹奏楽のことを知りません。だから、演奏会に行くと、とても新鮮で勉強になります。昨日印象的だったのは、トランペットのマウスピース演奏と、クラリネットがだんだん短くなって、マウスピースだけになる曲でした。
指揮のT越さんは、年々肥えることが悩みだとか。ランチの時は、「元気の秘けつは食べること。食べたいものを食べよう。」と、太っていない3人で気合を入れたばかりなのに、T越さんには、「じゃ、食うな!」と小声でつっこんでみました。
こんなすばらしい演奏会なのに、人が少なくて、申し訳ありませんでした。昨日は、ライバルが存在したのです。一つは、ししゃも祭。もう1つが「びらとりミュージックフェスティバル」←長い!でした。演奏会の後、高原荘の入浴券を持っていたので、まじょ子さんと、昼間の温泉につかりながら、文化祭の抱負などを語りました。とても良いお湯なんです。汗も引かないまま向かった先が、そのフェスティバルです。
d0017084_985019.jpgお風呂に行かなければもっと早くから聴けたのですが、どうしても入りたかったのね。だから、最後の2組、オールデイズの「ザ・キッパーズ」と、「岡本真夜」だけになりました。
オールデイズは良いですね。テクニックもエンターテイメントとしての立ち位置も徹底しているし。
いつもいつも、会場の手拍子が表に入ることを恐れている私は、すごいことに気づきました。表に入る危険のある人の特徴は、拍の頭で行動を起こし、音が鳴ってから、もみ手まではしないものの、合わせた手と手を上げて下げてから離すのです。じゃなくて、拍の頭で音を鳴らし、素早く離さなくちゃ。フラメンコのパルマは、死ぬほどかっこ良くて、憧れます。
岡本真夜は、子どもの頃はピアニスト志望だったそうで、ピアノ上手いし、ソングライターとして優れていて、復興支援などの活動にも積極的です。ファッションもヘアスタイルも、すてきでした。残念だったのは、音響が脆弱だったせいもあるでしょうが、私が苦手な平たい発声と、何を言っているのかわからない発音です。それが個性なのではありましょうが。
でも、ユニオンジャックブーツを履いていた、ギター・チェロ・コーラスの男性ミュージシャンの、チェロに震えました。私、チェロ好きなんだわ016.gif
24日の追記も入れたので、めでたく京都旅行記が完成しました。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/21246385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2014-10-27 09:04 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai