ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

レディース・ランチョン (5/10)

d0017084_8271752.jpg「ランチョン【luncheon】とは、正式な昼食。午餐(ごさん)。また逆に、軽い 昼食のことをもいう。」と書いてあったので、2,500円というチケット代から察すると、軽い方かと思いましたが、正式な方でした。
「レーナ・アリア」のことを、いつどうして知ったのか、なぜ憧れ続けていたのか、降ってわいたように訪れた、彼女を見て聴くチャンスがきました。
定員500人とのことでしたが、800人はいたと思います。レディースですから、ほとんどが女性です。「北海道・希望のフェスティバル」という、いわゆるクリスチャン系の大イベントでしょうが、もちろん私のような宗教音痴が参加してもかまいません。お一人様だったので、ホテルのスタッフに、適当な席を見つけてもらいました。
オープニングは「ウィメンズ・ゴスペルクワイヤ」。3拍子の曲に、ウンパッパで手拍子が入るのは、本当は当然ですが、地方のコンサートでは、そうではないことも多く、妙に安心でした。
あいさつなどがあり、安田美穂子さんという歌手の歌が続きました。安田さんの紹介が「ご主人様を先に天国にお送りして・・・」そうかぁ~?、ちょっと引きました。
安田さんはすばらしいソプラノで、表現力が豊かで、mpの歌い方が抜群です。あまり得意分野じゃなかった「花は咲く」に、納得させられました。
・・・ここでさすがの書き魔も、時間切れ。お葬式の手伝いに行きます。続きは帰宅してから書きます。
お疲れ様~、けっこうくたびれましたが、忘れないうちに書きましょう。
震災被害に遭っている福島の牧師さんのお話は、クリスチャンではない私には、ついていけない部分は無いわけではありませんが、知らなかったことも多く、それをやわらかく強く語ってくれました。私は別に、布教されていたわけではないのですし。
その間に、レーナ・マリアが会場入り。私の横を通っていきました。青いドレスの彼女は、美しかったです。
さて、目的の一つである、ランチョンは、中華のコース料理でした。人数が人数ですので、円卓で、自分でとり分けますが、前菜・スープ・パン・魚・肉・アンかけチャーハン・ケーキ・コーヒーで、幸せでした。
文字数もいっぱいになって来たので、レーナ・マリアは、改めて書きます。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/20689411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 永田 克自 at 2014-05-10 22:03 x
この「フェスティバル」の中核を担う、フランクリン・グラハム氏について、ご参考までに以下のURLを添付いたします。
http://henoko.jp/info/20061031graham.html
Commented by nyankai at 2014-05-10 23:36
★永田さんへ
コメントありがとうございます。
そうなんですか。びっくりしました。
by nyankai | 2014-05-10 08:26 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai