ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

さむらかわちのかみ? (2/8)

オリンピックが開会しました。選手がセンターを通って入場、左右に分かれて客席へが新鮮でした。リトアニアの緑色のウェアーが目に強烈でした。リトアニア民族合唱祭の番組を見たことがありましたっけ。
さて、旬の話題ですが。息子が、こう読んでしまったと、つぶやいているのを見て、噴き出した私は、不謹慎ですか?さっすが、歴史が好きな息子だわ。
良いことだったとは思わないし、弁護もしません。それ以前に、私、どこがクラッシック好きなのよと言われても仕方ない、この人も作品も知りませんでした。知らなくて幸運だったのでしょう。感想ですか?この二人のあまりの風貌の違いに、絶句しました。
キース・エマーソンのタルカスを、オーケストラにしてくれた、吉松隆さんのブログ「隠響堂日記」が面白いので、お勧めします。
絵がうまかった父は、私の絵に良く加筆してくれて、どう考えても私の絵ではなくなってしまったことが多々ありました。ブキッチョな息子の夏(冬)休みの工作を、ちょっと手伝うつもりが、すっかり一生懸命になってしまい、すばらしい作品に仕上がり、賞をとってしまったりしました。
息子の代表作「非実在少女のるてちゃん」の主題歌は、息子の鼻歌を私が採譜して、コードも付けた気がするけれど。息子が作詞・作曲でクレジットされています。私は共犯ですってか。
d0017084_9424270.jpg私はオリジナル曲を作りません。作れる気がしません。当面、作らなくとも、歌いたい曲があふれています。選曲に当たっては、エピソードなどが加味されることは大いにあります。いえ、そう言うエピソードは好きです。わかっていた方が、歌いやすくなります。
でも、歌は、作り手がどういう意図を持とうとも、歌っていくうちに、私の物語になります。そして、10人が聴いてくれたとしたら、10通りの物語になるのです。何が言いたいかと言うと、大輔は、自分の物語で演じれば良いのだよ。何も気にすることは無い。
私が気がかりなのは、これによって、信じていた人や聴覚に障害がある人や音楽をやっている人志している人等、様々な人たちが傷ついたりはしないだろうかということです。
作曲:さむらかわちのかみあらたか だったら良かったのにね。
キンキンに冷えているのに、木々は芽吹いている。こぶしです。ニャンコ座町は、今日も良い天気です。慣れない雪が降っている地域の皆様、どうかなるべく出かけないでください。
息子の公演、迫ってきましたが、チケットの出方は苦戦です。読んでね→ここ
ロシアの芸術は(特にバレエ、白鳥の湖はウルッとしたわ)、やはりすごいと思いました。息子、そう言えば、自分に開会式を任せてくれるなら、東京オリンピック賛成って言ってたわ。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/20329921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 280723 at 2014-02-08 12:02
是非とも作曲にチャレンジしてみて下さい。

違った自分が見つかるかもしれないですよ♪
Commented by nyankai at 2014-02-08 15:06
★ラッキーさんへ
未来永劫、作曲しないと言っているわけではないのですけど。
内なる自分から、湧きあがるものを感じる時が来れば良いなと思っています。
by nyankai | 2014-02-08 09:42 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai