気だるく喘ぐカプリスナイト (12/21)

まだ真っ暗で、とても朝だとは思えません。札幌行ってきます。
昨夜、久々のシャンソニエ「カプリス」に行ってきました。一時頻繁に行ったのですが、何となく足が遠のいていました。苫小牧は、師走の三連休を前に、賑わっていました。酔っ払いで?
d0017084_6361852.jpg今月の歌手は、高田康子さんでした。康子さんの歌を聴くのは2度目。前回、オリジナル曲の「水の詩」がとても印象的だったので、リクエストを問われた時、迷わずそう答えたら、康子さんは、えらく喜んでくれました。
大人の実力派の貫録です。20人にも満たない人数で、こんな歌を聴けたなんて、何と贅沢な夜だったことか。マスターは「KKP(後期高齢者ピアニスト)」とか。
「アドロ」死んでもいいわ~あなたに抱かれて~私は~炎
「今宵、私はただひとり」気だるく~喘いで~泣いて~
「カルーソー」お前を愛した~死ぬほど愛した~
「哀しみのノソレアード」あなたのぬくもりを~くださいもう一度 この心この肌でおぼえておきたいの
「歌い続けて」もしも選べるなら舞台の上で眩しいライトを浴びて死ねたら本望
歌われる曲がすべて、そうそう、そうなのよ、そんなこともあった、もう1度男を下から見上げて愛そう、気だるく喘いで泣いて抱かれて炎(ため息・・・)
人生を歌う歌は、心にズキッズキッと入って行きます。康子さん、又会いましょう。
今日、1番のバスで札幌なのに、日付けが変わる頃ニャンコ座で、クリスマスメドレーと、「ハチのムサシ」のダンスを練習した、「HKB48まで後44人」のメンバーなのでした。
宮沢賢治の前に、美容室だよ。髪を染めなきゃ、クリスマスも来ない。行ってきます。
昨日、ニャンコ座のスーパー調律師さんが、カレンダー配りがてら、ピアノの中間点検と、若干の手直しをして行ってくれました。今年はまだあまり強い寒気が来ていないので、暖房はやや低め設定ですが、それでも狂って来ていたので、助かりました。
お~~~っ、明るくなってきた058.gif
[PR]

by nyankai | 2013-12-21 06:35 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/20128442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。