ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

第九の演奏時間 (12/15)

昨日はお天気は回復しましたが、宮沢賢治の練習に行く、高速バスのバス停は、ひどく寒く、建物にはすでに着ぶくれした5~6人人がいて、外で身をすくめて待ちました。すぐ後に、とてもきれいでおしゃれな女性がやってきて、どこかで会ったことある人だなぁと思い「寒いですね。」と声をかけました。遅れて来たバスは混んでいて、私が座った席の隣の補助席に、彼女は座りました。
「お買い物ですか?」の問いかけに、返ってきた言葉は「いえ、キタラにコンサートに。」ウヒャ~ッ、こんな返事が来るとは予想だに・・・そうだ、「第九だ」。「私は、歌の練習なんです。」この辺りで、お互いに、誰だかがわかりました。彼女はお花屋さんで、私は時々利用する客です。
彼女は、町の吹奏楽団に入っているトロンボーン奏者で(トロンボーナ?トロンボニスト?)、共通の知人がたくさんいることがわかりました。話しが弾んで弾んで、クリスマス・パーティーや、賢治コンサートのお誘いをしました。
d0017084_9222258.jpg彼女は、6時のバスに間に合うかどうかを心配していました。「第九」のコンサートは、一般的に他には大曲はやらないので、短いことが多いとか何とか、偉そうなことを言いながら、先週の苫小牧第九が長くてちょっとくたびれたことを思い出しました。あの後興味がムクムクと湧きあがって、第九の演奏時間について調べたのです。
最短は、50分代の後半から、最長は70分越えまであるそうです。ベートーヴェン自身は、60分がよろしいと言ったそうで、本人は63分で振ったそうです。だから、60分代の前半が多いのだそうです。スピード違反気味に感じた、9月の「999人の第九」はきっと、60分を切っていたと思います。速いと、スポーツ的な爽快感がありますが、もの足りないかもしれません。遅いとドラマチックですが、、歌うのは単純には息やささえが苦しくて、あらが目立ちます。
結果的に3回行けなかった賢治の練習は、正直1度目と2度目は、どうなることやらと心配だったのが、何とかなるだろうと思えました。人数は、65人になったそうです。テナーが足りな目なので、「ご主人や彼氏や愛人を誘ってください。」とのことなので、テナーの愛人を募集します017.gif
練習の締めはアンコール曲の「大地讃頌」で、気分良く歌わせていただきました。
帰りのバスも、予定通り花屋さんと一緒に座って、出会って、繋がって、広がって行けることの面白さを感じながらおしゃべりして、あっという間に着いてしまいました。国道と高速は乾いていましたが、一昨日雪の上に雨あられが降ったニャンコ座の町は、でこぼこの氷。バス停からシエンタまで、恐る恐るへっぴり腰で歩きました。家が国道ぶちで良かったわ。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/20104503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こけし at 2013-12-15 11:49 x
またまた素敵な出会いに感謝!ですね♪
やっぱりぃ~、求める者には与えられる…なんですね。
Commented by nyankai at 2013-12-15 18:29
★こけしさんへ
本当に、ありがたい事です。
今日は武田さんのコンサート、大王様夫妻がいらしてましたよ。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2013-12-16 04:05 x
「第九」の演奏時間、
「第九」だけですと一時間で済みますが、苫小牧の場合は、色々な記念日に引っ掛けて企画したので、「勇払原野」との抱き合わせ公演になって、二時間の長丁場になってしまったわけでした。
そのかわりに、苫小牧市の賛助金も含めたので大幅黒字を出して、予算的には大成功だったようです。その黒字分は、音楽活動団体に援助金の名目で配分するそうで、苫小牧市の音楽活動全体が潤うことになった効果がありました。
公演のやり方も、今回事務局の今田和史さんが中心になった大活躍のおかげで苫小牧市や経済界挙げた協賛に持っていけたということでしょう。
苫小牧管弦楽団もほとんど自力で演奏できた充実振りが賞賛されていいと思います。
苫小牧の音楽界も、ようやく自立できるようになったということで、関係者の尽力は高く評価できると思いますね。
Commented by nyankai at 2013-12-16 09:53
★根塚さんへ
違うんです。2時間の演奏会など、別に長くはないのです。「第九」の話です。
関係者のご尽力が実を結んだ事、苫小牧市の音楽活動が自立の道を歩んでる事、喜ばしいですね。
ただこの頃は、やっぱり、組織のバックアップに頼るよりも、人と人とのつながりで広がって行くことの大切さを痛感しています。
by nyankai | 2013-12-15 09:21 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai