依頼記事「グレッグ・レイク」 (7/11)

偉そうに、生意気に、グレ友から依頼されて書く記事です。題材は「グレッグ・レイク」です。
ほぼ1ケ月前、かのエマーソン・レイク&パーマーのグレッグ・レイクのライヴが、下北沢のライヴハウスでありました。私は祐様Love ではありますが、もっと前から、Greg Lake の歌(いっちゃんが、キングクリムゾンのエピタフを聴かせてくれた瞬間だった)に一生ついて行こうと固く決めていたのでした。
9日に息子の結婚式があって、京都に行ったし、本当はそのまま東京に行き、12日の永田町公演を観て、グレッグのライヴまでいよう・・・と思わないではなかったのですが、その時すでに、サラ・ブライトマンのチケットは買ってあったし、経済的にも、体力的にも、色々無理だと思って、泣く泣くあきらめました。
d0017084_8572263.jpgライヴに行った人の感想を、いくつか読みました。もちろんファンだからでしょうが、好意的で、安心しました。トークに、良い人さが現れていたらしい。グレッグと言えば、その風貌のあまりの変化に愕然とします。若い頃は、アイドル並みの外見に、ELPにはそういう意味でのファンもいました。それでも良い、年とったって、太ったって・・・でも、声が出なくなったのは、本当は悲しい。文句はある。お酒もたばこも不節制も、声の大敵ですものね。
グレッグと言えば、風貌以上に、伸びやかなハイトーンから、ロックシンガーには珍しく深いバリトンまで出せる、特にバラードを歌わせたら、この世にこんなに歌の上手い人がいるんだぁ~と、私の体が雑巾(じゃひどいな、タオルにしよう)になって絞られてしまうような快感を覚えました。
クリムゾンの頃は、声が出過ぎて調整が効かない位でしたが、落ち目になってしまった後半のELP時代から、不遇のソロアルバムの頃は、グレッグの歌は最高潮でした。私は「届かぬ愛」が、大好きです。
今回のライヴは、オールスタンディングの小じんまりした会場で、グレッグはギターを持ち、カラオケ(?)で演奏したもよう。グレッグ自身がそれで幸せなら、歌い続けてください。今回は行けなかったけれど、一生ついて行きます。次回は、座れる会場でお願いしますが。
ハルさん、こんなんでどうでしょう。ノエルさん、ライヴに行かれたのでしたら、ぜひ感想をください。
今日はこれから、久々に3人女子会だ。ナムナムが終わったら、行きます。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/19242058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハル at 2013-07-11 16:41 x
わたしの依頼記事を書いていただき、ありがとうございます。
下北沢ライヴのチケットは手に入れていたのですが、オールスタンディングとわかり、長時間立ちっぱなしは無理だと判断し、参戦は見送りました。次回のライヴはぜひ着席の場所でお願いしたいです。
Commented by nyankai at 2013-07-11 22:20
★ハルさんへ
再結成ELPのコンサートの時、そう言えば、グレッグがお相撲さんみたいに大きいなぁと思った記憶が(-_-;)
座れる会場が良いですね。ぜひ、ご一緒しましょう。
Commented by noel at 2013-07-13 11:24 x
こんにちは。
来日公演までは「どうやらグレッグの1人カラオケ大会ぽいっけど、生でグレッグを観れるだけでも良しとしよう」と予習もろくにせずに下北沢の会場へ。
初日(最前列の右端(キーボード側))での同行したお友達との会話。「何だかマイクの位置すごく高くないですか?」「そりゃあグレッグさんは身長が6フィートちょっと(≒約185㎝)ありますからねぇ」

リハーサルが予定より伸びたらしく、開演予定時間から約25分おくれてムーンチャイルドのBGMに続いて「ドカーン」と雷鳴に似た音が響き、曲はカニエ・ウエストの「パワー」に変わり、
「21st Century Schizoid Man~!」のフレーズを両手を振り上げてながら歌うグレッグ登場!白のジャケットに黒のズボンにピカピカに磨かれた靴!最前列から見るグレッグ、やっぱりデカイです、存在感ありすぎです(驚)。つづいてベースをアコギに持ち替え「Lend Your Love Me Tonight」。
グレッグさんの力強い声とアコギの音は完全にバックトラックを超えてました。このツアーのポイントはグレッグ本人のトークだったようですが、日本のファン向けにゆっくりと喋ってくれました。ありがたいことです。

(つづく)
Commented by noel at 2013-07-13 12:04 x
(続き)

プレスりーのライブ会場での様子を再現するグレッグのジェスチュアーに大笑いし、白のストラトキャスターやキーボード(!)を弾く姿は初めて見られたし、ビートルズの曲を観客を一緒に歌ってる時は物凄く嬉しそうな表情をしてたし、ラッキーマンの演奏前にギターを習い始めたときに覚えたコードをG、D、Am、Emと実際に弾いてくれたし、(6月だったけど)「ここだけクリスマス」とバックトラックなしでギターと口笛だけで「I Believe In Father Christmas」をやってくれたし、
何より「I Talk To The Wind」をクリムゾンのオリジナルメンバーのヴォーカルで生で聴けたのは夢のようでした。

(続く)
Commented by noel at 2013-07-13 12:43 x
(続き)
(2日目(グレッグが座ってアコギを弾くのが見たかったので)左側の2列目)お友達との会話「今日も遅れて始まるのかしら?」「酒飲んでお寿司食べて寝てんじゃないですか?」

グレッグは初日の後半で着ていた黒のジャケットで登場。近くで見るグレッグの手はデカかった。私は楽器を弾かないので上手く説明できませんがが、すごくアコギの音が良いのです。「いつもグレッグとはギクシャクしていた」と言っていたキースも「彼(グレッグ)はとても耳がいい」とその才能を認めていますが、声と耳に恵まれロックスターの座に登りつめた彼はまさに「Lucky Man」(自伝のタイトルにもなるらしい)でしょう。

初日はペットボトルの中身を「ジントニック」と言いながら飲んでましたが2日目は「ウォッカ」と言ってました(笑)。2日目の後半は半袖の黒のTシャツにサスペンダー姿で登場。グレッグさんも65歳。去年は本当におじいちゃんになっちゃって、まあ外見はそれなりにお年を召した感じです。それでも歌もアコギも以前より上手くなっています。タバコも酒も止めたそうなので、やればできるじゃないですかっ、グレッグさん!今度は椅子のある会場に来てください!

(終わり)
Commented by nyankai at 2013-07-13 14:12
★noelさん①へ
noelさん、ありがとう。必ず書いてくださると、信じてました(*^^)v
グレッグは、やはりでかかったですか。靴がピカピカは良いですね。ちゃんとしているってことです。
noelさん、英語わかるんですね。グレッグのしゃべり方は、元々ていねいですよね。
「Lend Your Love Me Tonight」好きです。満ち足りた感じがします。
Commented by nyankai at 2013-07-13 14:20
★noelさん②へ
キーボードのグレッグ、見たかったですぅ。
「I Believe In Father Christmas」は、サラ・ブライトマンのクリスマスアルバムに入っています。私たちが思っている以上に、愛されている曲なのかもしれません。
「I Talk To The Wind」、今聴くと、どんな風に聞こえてくるのでしょう。
Commented by nyankai at 2013-07-13 14:23
★noelさん③へ
「酒飲んでお寿司食べて寝てんじゃないですか?」・・・ありそうな気がします・・・が、お酒とたばこやめた!やればできるじゃないですか!!歌が良くなったのですね、次へ絶対に行きます。椅子のある会場へ。
キースとグレッグは、あれで絶対に切れません。
Commented by noel at 2013-07-13 16:39 x
貴重なスペースを提供していただきありがとうございました。あれから1か月たちましたが余韻冷めやらず、毎日ネットで動画サイトや記事を見てます。グレッグさんは去年は数多くの取材を受けてたようですし、3月のムーディーブルースクルーズでは40分近く喋り続けていたのを見てびっくりしました。92年のELP来日公演のときは声がかすれていて、「グレッグ、大丈夫か~!」とハラハラしながら観ていたのがウソのようです。
いやいや、英語はそんなに判りませんが、グレッグはゆっくり丁寧に喋ってくれました。お友達は仕事の都合でイギリスに住んでいたことがあるのですが、オックスブリッジ(上流階級)でもあんなに判りやすい発音はしない、ましてや芸能人は・・・、ELPはアメリカでも成功したので誰にでも判るように発音しているのではないのかと。

(続く)
Commented by noel at 2013-07-13 16:41 x
(続き)

キーボードはちゃんとメロディを弾いてるのでびっくりしました。「俺だって弾けるんだぜ、キー・・・」なんて言わずに最後まで淡々と・・・

クリスマスソングの歌詞は結構ブラックな内容ですが、ようやくあの曲の奥深さが認められてきたのかも知れません。サラだけでなく、80年代にブレイクしたかのU2もカバーしたとは・・・

ヴォーカルは確かにキーは下がりましたが、「Lend Your Love Me Tonight」や「I Talk To The Wind」は個人的には今の声の方が好きです。単なる甘ったるい声ではなく、艶のあるバリトンと言えはよいのでしょうか。
そうなんです、来日公演が中止になったまんまのキースとの2人ツアー復活して欲しいですね。

(終わり)
Commented by ハル at 2013-07-13 20:56 x
noelさん詳細なレポありがとうございます。noelさんの感想が聞きたくて、 nyankaiさんにお願いした記事です。お二方みたいにELPには詳しくないですが、一応ファンです。何年か前のキースのライブにも行きました。大音量すぎて耳が変になりましたけど。ELPをぜひ再結成してほしいと思います。
Commented by nyankai at 2013-07-13 21:35
★noelさん④へ
ELP再結成来日は、2回とも行けましたが、正直グレッグの声は、ウ~ンでしたね。そうですか、声復活ですか。良かったです。
グレッグの発音は、クリムゾンの時から、きちんとしていると思いました。おしゃべりなんですね。
Commented by nyankai at 2013-07-13 21:59
★noelさん⑤へ
クリスマスソングのビデオクリップ、反戦歌っぽいですよね。
艶のあるバリトンですか。聴きたかったなぁ。
日本では、ELPの人気は確固たるもの(だと思う)なので、やってほしいですね。
たくさん書いてくださって、ありがとうございます。オタクトークって、楽しいですねぇ。
Commented by nyankai at 2013-07-13 22:00
★ハルさんへ
★noelさんに、感謝ですね。
Commented by みかん2号 at 2017-01-26 05:23 x
はじめまして。グレッグさんのことで検索していてこちらにたどり着きました。
キースもグレッグも平均寿命よりはるかに若くあの世へ旅立ってしまい残念でなりません。こうして生前の振る舞いをお知らせ下さって、nyankaiさま、皆さま、本当に本当にありがとうございます。私は四国・愛媛県人なので、こういったライブに行くことがなかなか出来ず、詳細を知ることが出来て嬉しいです。ありがとうございました!!
Commented by nyankai at 2017-01-26 21:22
★みかん2号さんへ
ここを見つけてくださって、コメントありがとうございます。
自分で書いたことと、本文よりもすばらしいコメントを読み返し、私も懐かしさやら、残念な気持ちやら、色々こみ上げてきます。
これからも、ELPは聞き続けますよ。たまに、ブログも書こうと思っています。
みかん1号さんにもよろしくお伝えください。
by nyankai | 2013-07-11 08:56 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(16)