ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

貧乏性の第九 (6/18)

導入剤が切れたあたり、4時頃に目が覚めて、自身の感覚ではその後眠った気がしません。
どうも調子が良くないと困っていた一昨日の夜、クリスマスパーティーの弾き語りの選曲して練習を始めないと、私の下手くそピアノでは間にあわないと思い、楽譜をめくって、片っ端からやってみたら、気分が良くなってきました。そう言えば、京都から帰ってから、歌もピアノも練習していませんでした。
がんばったんだから、のんびりすれば良いものを、できないんですよねぇ。でも疲れているから、掃除とか、処々手続きの類とか、やるべきことがこなせなくって落ち込んで、息苦しくなったりして。
息子も、怒涛のスケジュールから解放されたのに、急に空きができたのが怖いとつぶやいていた。やっぱり似たもの親子だ。要するに、創造的なことをしていないと、テンション下がって、精神のバランスがとれなくなる、一種の障害かもしれない。などと難しく書いてみたものの、要するに貧乏性なんです。
解決策は音楽だったんだ。息子は芝居で。わかりきっていることなのに。
d0017084_943417.jpgだから、昨日は秋に歌うことにした「第九」の楽譜を、引き取りに行きました。第九の楽譜って、こんなに薄かったっけ。ここ何年かに歌ったのは、「エリア」と「マタイ」と「メサイア」と、持っているのが辛いほどの分厚い楽譜だったものね。
もう練習は始まっているのですが、私は遠隔地会員特典で、特別練習にだけ参加すれば良いことになっています。そのぶんばっちり自習をしなければならないのです。おまけに本番は暗譜です。
第九は、20年以上も昔に1度歌いました。日高管内全部で。オケは川越さんの北海道交響楽団でした。楽譜は音友社の、カタカナがふってある普及版(1989年第10版515円)です。若かったので、ほとんど暗譜していた記憶はあるのです。今回は、Bärenreiter版(1,470円)です。Deine Zauber が、ダイネ ツァウバーではなく、ツァウベルで良いとのことなので、覚えているままで助かりました。何ヶ所か違うらしいですが、たぶん私は気付かないでしょう。2冊をちょっと比べてみましたが、すぐにピアノ伴奏が幾分違うことを発見。
貧乏性で、さび付いた記憶力だけれど、がんばるわ。札響と歌えるのは初めてだし、キタラだし。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/19002121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2013-06-18 09:03 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai