「シャツ」と「服」の解釈 (1/19)

昨日ジムに、以前書いたことがある、私と痩せ比べできそうな、というより間違いなく私以上に細い女性がいました。彼女も、痩せ過ぎを何とかしたいんだなぁ。相変わらず、露天風呂でタオルと洗い髪が凍る寒さ。天気はず~っと良いのに。
今年の、R.R.Singers第4回「ごちゃまぜコンサート」は、まず女声合唱「夏の思い出」(やっぱ合唱と言えば、これでしょう)で幕を開けて、そのまま毎年恒例の童謡・唱歌メドレーに入ります。「夏のメドレー」として、「サマータイム」(ピアノ)・「茶つみ」・「夏は来ぬ」・「かもめの水兵さん」・「とんぼのめがね」・「トゥインクル・リトルスター」(ピアノ)・「たなばたさま」・「南の島のハメハメハ大王」(一部替え歌)です。この寒い中、書くだけでもほっとするラインナップじゃございませんこと?
d0017084_9202895.jpgところで、これらの曲ならば初めから歌詞は知っているからと余裕だと、たかをくくっていたら、「かもめの水兵さん」で、思い切り間違えました。
白い帽子 白いシャツ 白い服・・・が正しいのですが、私・・・シャツが先で・・・白い靴とか叫んだかもしれない・・・訳がわからなくなりました。待って!白い帽子は良い。その下はシャツ、ウン、これも良い。シャツの次が服???トップスが2種類。水兵さんの服装は、セーラー服でしょう。シャツとは言わない。セーラー服の中に、シャツは着るであろうけど、何だか納得しにくい。変に気にかかる。パンツは?靴は?
結婚した頃、だから30年程前、インテリア雑誌で見たカモメのオブジェに憧れていたら、雑貨店で見つけて、狂喜して買いました。以来、それをお風呂場につるしてあります。私のお風呂での動線よりもやや高めにあるので、上に埃がたまっていることに気づいていませんでした。「かっもっめ~の水兵さんっ・・・」と歌いながら背中の方を見ると、驚愕の汚さ。セグロカモメどころか、頭も何もかも真っ黒。さっそく降ろして、お風呂できれいに洗いました。
きれいになったかもめと一緒に湯船に入って、「白い帽子・白い服・白いパンツ~ な~みにチャップチャップ浮かんでるぅ~」と歌ってみました。その写真が良かった?
[PR]

by nyankai | 2013-01-19 09:20 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/17649493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2013-01-19 11:09 x
\(◎o◎)/!
私も白い帽子、白いシャツ、白い靴だとおもっていました
Commented by nyankai at 2013-01-19 17:01
★姐さんへ
でしょ~~っ!
洗いだしたら、いっぱいありそうですね。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2013-01-20 07:08 x
覚えてます。
「白い帽子、白いシャツ、白い服・・」です。
ちゃぷちゃぷ浮かんでる。青い眼の水兵さん、並んだ水兵さん・・でしたか・・
Commented by nyankai at 2013-01-20 09:32
★根保孝栄・石塚邦男さんへ
青い眼は、セルロイドのお人形ですよ。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2013-02-26 00:05 x
うろ覚えですか・・すみません
Commented by nyankai at 2013-02-26 09:13
★根保石塚さんへ
青い眼をしたおにんぎょは~は、別の歌ですよ。