天使が舞い降りたか「ジルベスターコンサート」 (1/3)

昨日は夕方までとても良い天気だったのに、7時頃外を見ると、フワフワの雪が10㎝位積もっていて驚きました005.gif。その事実にと言うより、全く気づいていなかったことに。雪はやみましたが、風が強くなり地吹雪になりました。さっき町道の除雪が入ったので、入口は固い雪でふさがれているでしょう。吹きだまりが怖いです。悲しい女の吹きだまりそして・・・
大みそか報告の続き。カウントダウン「ジルベスターコンサート」のことです。
d0017084_929356.jpg前年華やいだ雰囲気に押されたので、別珍のキラキラワンピースを着て行ったのですが、しまった、バッグもそれ相応にするべきでした。今回もきちんとおしゃれをしている人が多く、男性にも和服の人がいて、粋でした。
知人がホワイエの喫茶コーナーでバイトをしていると聞いたので、見つけて、その子にスパークリングワインを頼んで、一人かっこつけて飲んでみました。「おひとりですか?」とかなんとか、(すてきな男性に)話しかけてもらえないかなぁ~と思ったけど、カナナリュックではダメだったようです。今年は、カクテルドレスか?
アイーダトランペットを、間近で見ました。隣の若い女の子二人連れが「あれは、旗をつけるために長いのかな?」と・・・違うと思うけど。
ゴスペルシンガーのKiKiさんは、30人のクアイアーを引き連れての演奏でした。知らない曲でしたが、いやもう、すばらしかったのなんのって。乳がんを患いながら、人間にとって「生きがい」がいかに大切かを体現しながら歌い続けると、言っていました。
ヴァイオリンの成田君(と言って良いほど若い)の演奏は、パフォーマンスが派手で、やんちゃっぽくてかわいかったですが、それ以上に、ベートーヴェンの「ロマンス」の、天使の様なメロディーが流れたとたん、あ~、すっごく幸せだと思いました。その日1日のことが、走馬灯のように(使い方が違う?)流れました。午前中は美容師さんと、茶わん蒸しがなかなかうまくできない話をしながら、ヘッドスパで蒸されていたし、午後は「レ・ミゼ」を観たし、若者の旅立ちを祝福できたし、今こうしてヴァイオリンを聴いているし、私はこれからもへこんだり嘆いたり、むかついたり迷ったりするだろうけど、幸せを感じて生きて行こうと思ったのです。ベートーヴェンありがとう。成田君、ありがとう。
カウントダウンがすんで、新年の部になり、真っ白いドレスに着替えたKiKiさんが、再び登場。曲が何と「You raise me up」だったのです。今年最初に聴けた曲が「You raise me up」だなんて。私は無宗教ですが、この時は、大きな力で導かれたと思いました。これはもう、今年絶対に歌いなさいという天使032.gifのお告げです。
終演後、ふるまわれたおとそを2杯飲んで、妙に酔っぱらった感じでホテルに戻ったら、すごくおなかが空いていることに気づきましたが、みごとに何もない。仕方ないので、持って行ったコラーゲンドリンクを喉に流し込んで、幸せをかみしめて(でもやっぱり薬飲んで)寝ました。
まだ冷たい風が吹いているので、雪かきしたくないなぁ。
[PR]

by nyankai | 2013-01-03 09:26 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/17555160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハル at 2013-01-03 23:37 x
セレブな時間を過ごしたんですね。わたしは大みそかは田舎で紅白を観ました。ゴールデンボンバーをはじめて知ったのですが、樽美酒研二くんをお気に入りに加えました。素顔はなかなかイケメンです。福岡出身ですって。わたしは九州人に惹かれるのでしょうか?w
Commented by nyankai at 2013-01-04 09:33
★ハルさんへ
セレブ、って言うんですか、これ?
ハルさんは、日本の正しい年越しをしたんですね。
ゴールデンボンバーって、すいません、聞いたことも無いや(・_・;)樽美酒研二くんですね。検索かけてみます。男はやっぱり九州ですよね。