ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

沙流舞台 ガン飛ばし編 (11/26)

昨日は、日高町芸術文化鑑賞事業実行委員会主催(ホラ、一昨年私が出た「卑弥呼」もそうでした)の「沙流舞台」に行ってきました。二部構成で、第一幕は「和太鼓×津軽三味線」で、第二幕が「フラメンコ」でした。ちょっと1日では書き切れる内容ではないので、2日に分けて書きます。順序が逆になりますが、第二幕から。
d0017084_9275674.jpgフラメンコなんて、私の中には無かった引き出しですが、カント(歌)が、7月の「樹魂祭」で劇的な再会を果たした教え子の、井上泉さんです。行かない訳にはいきますまいて。泉さん、教え子と言うだけではなく、本当は私の親戚の親戚・・・故人ですが、伯父(伯母が血縁でその連れ合い)の兄弟のお孫さんです。だから、親戚も多数観に来ていましたよ。それから、富川合唱団で2年間指導していただいた指揮者の娘さんでもあります。
フラメンコの舞台というのは、ステージに椅子が配置され、ギタリスト・泉さん・後3人がいて、次々とダンスが披露されます。ギターはいわゆるフラメンコギターでかっこいいし、泉さんの歌は、スペイン語は当然「グラッチェ」以外は全くわかりませんが、どこからどういう発声をするのか不思議なハスキーヴォイスです。
何より印象的だったのは、「パルス」というらしい、手拍子です。日本人には苦手とする人がけっこういる裏打ちの宝庫、二拍三連普通、そして何人もが別々に打っている複雑さ。ダンスを見たいのに、私の目はついつい手拍子に行ってしまったのです。
ダンスは、一言で行って、これはガン飛ばしだと思いました。何曲目かに、一人の男性を巡って火花を散らす2人の女性といった感じのがありました。若い人はきれいですが、少し影の出始めた顔、プリッとし過ぎていない脚の方が、だんぜんすてきです。熟女の貫録が必要と思います。もちろんメリハリが大事なので、メリメリの私には無理です。
いやぁ~、良い物を魅せて(誤変換ではありません)いただきました。
泉さんにごあいさつしたら、数人の教え子たちに「せんせぇ~」と声をかけてもらって、うれし恥ずかし、ありがたいことでした。
帰りがけに、「卑弥呼」でもお世話になった実行委員長さんに「今度、息子の劇団も呼んで下さいよ~。」と言ったら、「年が明けたら、話しましょう。」と応えてくださいました。実現したら良いなぁ。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/17227153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いずみ at 2012-11-26 17:57 x
先生、昨日はありがとうございました!
早速ブログに書いていただいて、ありがとうございます!
手拍子に注目して下さるなんて、さすが!
フラメンコはリズムがとても複雑で、そこが面白さでもありますが、すごく繊細なんです。
音響も照明も設備がやはり万全ではないので、そのなかでやるのは、神経をつかいましたが、無事終わり、ホッとしています。
お客様、スタッフの皆さんのおかげです。
息子さんの舞台も実現するといいですね。
Commented by nyankai at 2012-11-26 21:50
★いずみさんへ
まぁ~、いずみさん、コメント嬉しいです♪
私、何かきっと、トンチンカンな間違いを書いてますよね(-_-;)
でも、手拍子は本当に面白かったんです。どうしたらあんなふうになるか。
確かにあの施設は制約がありますけど、私の横は偶然エサシカさんで、「良かったねぇ。」とすごく喜んでらっしゃいましたよ。
又、来てくださいね。私も少し、フラメンコの事を勉強しておきますから。
Commented at 2012-11-27 22:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nyankai at 2012-11-28 10:19
★鍵コメさんへ
コメントありがとうございます。嬉しいです。
体調はどうかなぁとずっと気にしていました。
by nyankai | 2012-11-26 09:26 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai