沖縄の遠風が吹いたライヴ (6/25)

今朝、自分のyou tube を開いたら、右のお勧めにノリ君が載っていました。やだぁ、ノリ君と一緒だなんて・・・あら~っ、カウント稼いでいるのは、他ならぬ私自身か(・・;)京都から帰って初めて、お日様が出ているような気がする。
d0017084_1011537.jpg昨夜、とっても良いライヴに行きました。「加藤菜保」さん@隣町の「リキーズ・ハウス」。札幌のミュージシャンですが、沖縄が気に入って、お巡りさんが暇すぎる小浜島に1年移住(はいむるぶしで働いたそうです)。昨日は「沖縄を歌う」ライヴでした。沖縄ですよ。いっちゃんがこよなく愛した沖縄ですよ。何回行きましたか?と聞かれて、答えられないほど行った沖縄ですよ。
オープニングは「涙そうそう」でした。いっちゃんがいなくなってしまった後、何度お風呂でこれを歌って滂沱と涙を流したことか。さみしくて 恋しくて 君への想い涙そうそう 会いたくて 会いたくて 君への想い涙そうそう
島唄もオリジナルもカバーも色々、エレピの弾き語りで、沖縄のゆっくりとした時間が流れました。その合間に語ってくれる沖縄の話しは、彼女のお人柄と相まって、とても面白かったです。2時間半以上のライヴは、いっちゃんと行った沖縄の景色が頭を巡り、風が吹きわたりましたが、又私を豊かにしてくれました。
d0017084_1022471.jpg愉快だったのは、三線も入っている、うちなーぐちによるラジオ体操第一です。ほとんどわかりませんでしたが、そこがおかしくて。
買ったCD「遠風(とぅかじ)」には「くくるかいしゃ」と、書いてくれました。「くくる」は「心」だけれど、「かいしゃ」は何だろう。
打ち上げも参加して、音楽が好きな変な人(へんなちゅ?)たちって、本当に良いなぁと思いました。演奏家がいて、企画して行動する人がいて、場所を提供する人がいて、聴きに来る人がいる。
くくるの片隅に引っかかったのは、意外にも、我らが北海道の中島みゆきの「糸」でした。縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に出逢えることを 人は仕合せと呼びます
[PR]

by nyankai | 2012-06-25 09:59 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/16133420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2012-07-10 17:33 x
声を合わせた合唱は連帯感を呼びますね。
合唱の真髄はこの連帯の楽しさでしょう。
Commented by nyankai at 2012-07-10 22:01
★根保孝栄・石塚邦男さんへ
合唱団は、地方ではなかなか成り立ちにくくなってます。
歌いたいんですけどねぇ。