ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

元気で本番を迎える責任 (5/28)

昨日のブログを送信した後、そのまま後半を書き続けていました。
去年は私が1週間前にキス病にかかり、ピアニストが馬に足を踏まれて怪我をし、気がもめましたが、何があってもやるしかないでしょうと思いました。
d0017084_7571293.jpgまじょ子さんは、I’M公演を控えて肩を傷め、準備していたすべてのプログラムには出られませんでしたが、できうる限りのことをしている姿が印象的でした。おいうちをかけるように、文化祭の直前にお父様を亡くしましたが、「年に一回、みんなであの会場で一緒に歌を歌う。次の年にはもう一緒にいない人がいるかもしれないということ、それを大切にしたいから・・・。」と、微笑んで「まじょまじょ」をこなしてくれました。
つくづく思ったのです。人とのかかわりの中で何事かをやる時は、元気で本番を迎える責任があると。でも今回は、それすら価値観の相違であるのかと、正直くたびれました。信頼する人に愚痴ったら、「どんなことだって、見返りを求めるのではなく、結局自分のためになったと思いなさい」と諭されました。まだまだだな、私。
たった年に1度のことなのに、何かをやろうとするのが、こんなに大変だとは。数日前には考えすぎて、気持ち悪くなるほどの時がありました。でも、懲りてないのですが、私。だって、ライヴは達成感、生きている実感をもたらしてくれるんだもの。
d0017084_7574816.jpg「ALL I ASK OF YOU」をデュエットした歌友N氏とは、もう何十年も一緒に歌って来ました。気づいていなかったけれど、大学の合唱団のジョイントコンサートで出あっていたのでした。富川合唱団の最後に残った男声がいっちゃんとN氏で、バスのいっちゃんと何度も男声デュオをやっていましたが、私は今回初めてのデュエットでした。
さすがにクリスティーヌ17歳には無理があったので、サラ・ブライトマンのつもりでした。ようやく、歌いたいように歌える感覚が出てきたのです。公式カメラマン(?)のカメラに、ラウルとのラヴ・シーンが写っているか、ワクワクです。
「ローズ」弾き語りは好評で、ずい分先ですが、リキーズハウスのクリスマスパーティーで歌うよう、出演依頼されました。増長するわよ、私。
コピペして、これから遊びに行きます。けっこうタフなの、私。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/15931924
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2012-05-28 07:56 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai