話し言葉・書き言葉・歌言葉 (5/17)

午前様でした。昨日は、不思議な日でした。様々なジャンルの簡単ではない連絡や相談事がたくさんあって、メールや電話をたくさんしました。良いことも、どちらかというと悪いこともありました。結果疲れました。でも、最後は午前様になるほど、実のある一日の終わりになりました。
昼頃、えっ?という1本の電話がありました。新冠町の「ベンチタイム」という軽食・喫茶のお店で、今日7時くらいから、下田逸郎さんのライヴがあるから、来ない?友達も誘ってみて・・・?今日って、いくらなんでもさ。
この関係性を説明すると、3日くらいかかるので、大幅に飛ばします(←ここが大事)ただ、新冠が好き、ベンチタイムが好きな下田さんが、毎年恒例で遊びに来た。ただ宴会するのもなんだから、今晩稼いで帰るかな~ののりだったそうです。
私は暇そうな友人夫妻を、強引に誘いました。友人は下田逸郎さんの大ファンで、二つ返事で来ることになりました。全く失礼なことに、私は下田さんのことをほとんど知らなかったので、検索かけて予習しました。シンガーソングライター、作詞・作曲家、ラヴソングの元祖。
ベンチタイムに着いてみると、ライヴやるような感じが全くしないし、「本日定休」の看板んが。恐る恐る「ごめんくださ~い」と入っていくと、下田さんご本人が迎えてくださってびっくり。
d0017084_97887.jpg結局私たちの後から来た人5人。
マイクも譜面台もないお店で、ギター1本の、お店のママを入れて、9人のための、超ぜいたくなライヴになりました。派手ではないけれど、下田さんが紡ぎ出す言葉の世界に、引き込まれました。下田さんと話しました。
「さわやかだけじゃ寂しい 幸せだけじゃ虚しい」そうだ!「人の根底には寂しさがある」ですね。「詞は、結局自分の体験だよ」やっぱりね。「男と女のことを歌った歌には、表面的なセックスのこと(たとえば『早く抱いて 上手く抱いて』とか、一時発禁になったらしい『ラブホテル』とかね)と、もう一つ内面の精神的な意味がある。」ごもっとも。
そして「言葉には、話し言葉と書き言葉と歌言葉がある。歌言葉は飛んで良い。むしろ飛ぶことが大切でおもしろい。」なるほど、「歌言葉」という言葉に出会って、私は満ち足りた午前様になりました。
長くなったので、明日に続く。もっと、良い話を書くよ。
[PR]

by nyankai | 2012-05-17 09:03 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/15877545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こけし at 2012-05-17 14:27 x
終わりよければ全てよし♪
Commented by nyankai at 2012-05-17 21:01
★こけしさんへ
ですね♪
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2012-05-24 01:36 x
管理人さんは胆振、日高地方在住のようですが、多方面に関心おありの方のようで、この欄は素敵ですね。
時折お邪魔しますのでよろしくお願いします。
私は苫小牧市生まれ育ちの昭和13年生まれです。かつて苫小牧民報に勤めてまして「山音文学」「人間像」「コブタン」で小説、評論を書いてます。
また、「関東文芸懇話会」「群系」の掲示板で文芸批評をやっています。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by nyankai at 2012-05-24 09:30
★保孝栄・石塚邦男 さんへ
おはようございます。
以前にも、コメントくださいましたね。そちらのブログへもお邪魔させていただいた記憶があります。
よろしくお願いします。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2012-09-05 20:47 x
わざわざご挨拶恐縮でした。ご活躍うれしく楽しく拝見してます。