鎮魂のジャズナイト (8/14)

d0017084_951857.jpg昨日は、父と母のお墓参りと、夜は隣町のカフェ&パブ「リキーズハウス」で開かれた「松本建司・林加奈子Jazz For Towセカンドアルバム発売記念ライヴ」に行きました。
私、何でも聴きたいですが、ジャズはかなり門外漢です。でも、自分に素養が無いだけに、生のジャズ、良いですねぇ。どちらかというと歌が(言葉がある方が)好きですが、ピアノとサックスのみというシンプルさ、楽器が歌うのを聴けるチャンスです。
知らない曲ばっかりだったらどうしようと思ったのですが、有名な知っている曲ばかりでした。何だかんだ言っても、要するにクラッシック頭な私は、楽譜が無くてもできること、演奏しながら打ち合わせをしていくインプロビゼーションを目の当たりにするのは、神業みたいに見えるんです。
d0017084_96367.jpg松本さんのテナー・サックスは、なかなかセクシーでした。でも松本さん、暑い夏の夜にふさわしく、おやじギャグを。「お笑いが好きなんですよ。お笑い!」。ど~も、ありがとう。
それにしても、ちょっと恥ずかしいのは、どうして裏打ち手拍子ができない人が多いんだろう。私のせいじゃないけれど、すいません。松本さん、何度も手拍子を直してくれました。
本当は、こんな日にライヴでもなかったのですが、私にとっては、「スタ-ダスト」や「テネシー・ワルツ」や「ダニー・ボーイ」等々、もしかするとたくさんの御霊へのレクイエムのようにも聴こえたのです。父と母への、いっちゃんへの、そして一昨日亡くなった方への。
今日、お別れに行くことにしました。ちょっと遠いですが。
   鎮魂の調奏でるジャズナイト ピアノが偲びサックス泣いて072.gif
[PR]

by nyankai | 2011-08-14 09:04 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/14344607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。