ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

歌いたい歌がありすぎて困る (6/3)

昨日、ライヴ後初の、お茶のみ&おしゃべり(4人で)をしました。DVDができあがってきましたが、視聴会は改めて設定することに。それで、私一人でこっそりと観ました。悪くないです。旅行から帰った直後が最も、次はどこに行こうと思うのと同じように、来年のライヴには何歌おうとワクワクしています。歌いたい曲はすでにあるのです。
① 「オペラ座の怪人Ⅱ」の「Love never dies」。作品の評価は今一らしいですが、A.ロイドウェバーの曲は限りなくすばらしいです。平原綾香が日本語で歌っています。
② ジャニス・ジョップリンのというか、ベッド・ミドラ―のというか「The Rose」。日本では、ジブリアニメ「おもひでぽろぽろ」の「愛は花、君はその種子」というタイトルで、都はるみが歌っています。
d0017084_931461.jpg③ サラ・ブライトマンの「Time to say goodbye」。ずっと憧れています。松本隆がつけた日本語の詞もなかなか良いです。本当は、「コン・テ・パルティロ」(Con Te Partirò)、アンドレア・ボチェッリの代表的オペラティック・ポップ楽曲で、別れの曲ではなく、旅立ちの曲です。
④ そして先日、テレビで偶然、とんでもない曲に出会ってしまったのです。クミコの「最後の恋~哀しみのソレアード~」です。原題は「ソレアード(SOLEADO)」というインストで、色んな歌詞がついています。日本語の詞もあるし、クリスマスソングにもなっていますが、今回は大石静が詞を付けています。あの「セカンド・バージン」の静さんです。セリフも入っています。聴いた瞬間に、雷に打たれました。歌いたい。歌わせて。今日CD買ってきます。
どれもバラード系(定義はわかりません)だわ。やっぱり私は、こういう訴え調のバラードが好きなんだ。
いつだったか、小澤征爾氏(お体の調子はどうなんだろう?)が言っていました。世の中にはすばらしい曲がたくさんある。今この瞬間にも新しい曲が生まれている。聴いても聴いても、演奏してもしても、それらをすべて知ることができないのが悔しいくらい。
私も歌いたい歌がありすぎて、困っています。今年のライヴの選曲も、変っていた私のことだから、これから半年くらいで、コロッと変わっている恐れはありますが、とりあえず、すべて練習始めてみるしかないか。今のところこんな気持ちです。
昨日の国会で、さすがの私もテレビに向かって笑ってしまった。菅さんが復興のめどがたったら辞任すると表明した後、谷垣さんは「辞任する人に任せておけない。」ってさ。あれっ、退陣させたかったんでしょ。人間、困ったら、訳わかんないこと言うのねぇ。でも、こういうの書かせたら、息子にゃかなわない→ここ マキャベリだもんね。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/13704805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みみこ at 2011-06-03 11:02 x
昨日、お嬢が楽器店に合唱コンクールに歌う曲の楽譜を探しにいくって言うから付いて行ったら、候補曲、全部歌謡曲(・.・;)でも楽譜揃ってるんですよ!びっくりです。
曲決め以前にクラスにピアノを弾ける子がいなくて困ってるみたいです。
Commented by nyankai at 2011-06-03 17:05
★みみこさんへ
楽譜、けっこうあるんですよ。
ピアノ弾ける子、えっ、たくさんいそうだけど(・_・;)
by nyankai | 2011-06-03 09:01 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai