歌が好き (12/15)

東京リポートもそろそろ佳境に。息子の公演の二日目を観られない日程を組んだのは、荒井洸子さんのライヴに行くためでした。ちょっと後悔しました。4泊にすりゃ良かったと。
d0017084_9454851.jpg会場は、銀座の高架下シャンソニエ「蛙たち」→ここ でした。出演者は荒井さんだけではなくて、何人かの歌手の方達、良くわからないのですが、お店の方などでしょうか。シャンソニエですからシャンソンが中心、とも言えなくて、ミュージカルナンバー・日本のポップス・クリスマスソング・カンツォーネ・ややクラッシック等々、シャンソンと言うのが、フランス語で「歌」なのですから、それで良いのでしょう。
出演者のお一人の美しい(そうです、イケメンというより美しいんです)男性歌手が、荒井さんに放っておかれている私の側に来てくださいました。見事なテノールです。「コン・テ・パルティーロ」(Time to say goodbye)をすてきな日本語で歌ったので、「どなたの訳詞ですか?」と聞いてみました。それをきっかけに、私はソプラノなのだけれど、シャンソンってテノールやソプラノには低すぎて不利ですよねなんて話し始め、彼は北大水産学部で、グリークラブに入っていたこと、7年間サラリーマンをしたけれど、歌が好きでこの道に戻ってきたこと、私は私で、息子がバーテンダーをしながら芝居をやっている(逆かな?)こと、その公演を観に上京したことなどを話しました。
好きなことはやめられない、息子の仲間にも、しっかりと就職したのに戻ってきてしまう子がいるし。荒井さんの言う「いつまでも夢を追いかけずに、しっかり働きなさい。」も、正しいのですが。
私はもう、好きなことを仕事にしようなどとがんばらなくても良いから、若くないのも悪くない。でも、私も歌が好きだなぁ、表現活動には様々なことがあるけれど、3~4分で一つの世界を作り上げるのが歌です。歌はフィクションですが、歌い手も聴く人も、そこからシンパシーを受けたり、エネルギーをもらったり、心がしなやかになる。私は歌が好きです。
息子の公演は、何とかなったようです。北海道公演の時に書いて非難もされた「差し入れは現金が助かる」は、やっぱり間違ってないと思います。お金が無いと、できないことがあります。かなりのことがお金で解決するのです。お金は大切なのです。
 PS 来年の私を漢字25文字で表すと「欲欲欲欲欲欲欲欲欲女女女女女女女女女溺溺溺溺溺溺溺」ですって。よっしゃ、張り切るわよ042.gif
 PS-② 息子ののるてちゃんのまとめ日記→ここ
[PR]

by nyankai | 2010-12-15 09:44 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/12507537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by JIN at 2010-12-15 12:17 x
あたしも歌が好きです。先日、ガラコンサートでヨーコ先生の”さようなら、過ぎ去った日よ(椿姫より”を聴きましたが、思わず涙ぐんでしまいました。ふと隣を見ると末娘も涙ぐんでいました。イタリア語なのに、こんな幼い娘にさえ伝わることがあるのだ…と感心しましたが、そこが歌なのですね。来年は第九、絶対参加してやる~!!ところで、所属している合唱団から新年会の出し物をお願いされました。特別団員である末娘の歌です。あたしは伴奏をしようと考えているのですが、いかんせん会場にピアノがありません。仕方がないので息子のリコーダーで…と思うのですが、何か良い曲しりませんか?あ、こんなところで相談しちゃった…汗
Commented by nyankai at 2010-12-15 17:02
★JINさんへ
「椿姫」で泣ける幼稚園児、作品の力、ヨーコ先生の力、本人の力、そして育てたJINさんの力ですね。良いなぁ。
後半の相談部分は、そういうことで・・・(*^^)v
Commented by マイマイ at 2010-12-15 20:13 x
歌っていいですよね。
何だか伝わるものがある、表現っていろんなものを超える可能性を持ってると思います。
Commented by nyankai at 2010-12-15 22:43
★マイマイさんへ
良いですよね~(*^^)v
昨日、石崎さんに会いました。マイマイさんによろしくって。