ほくでんファミリーコンサート (8/4)

d0017084_962416.jpg昨夜は、「ほくでんファミリーコンサート」に行ってきました。母の病院からすぐなので、行き帰りに母の顔を見てきましたよ。
北海道電力が主催する、札響の無料コンサートです。曲目は「序曲フィンガルの洞窟」と「ハフナ―」と「新世界」でした。遅めに到着したのですが、A子さんが、良い席をとっておいてくれました。
この間の、ノリ君の「海の日コンサート」で、「シェルブールの雨傘」のソロをとったコンマスの三上クンの音が艶っぽくてやられた~と、歌友のコメントがあったので、昨夜は三上クン中心に見ていました。三上クンかわいい!新世界の第2楽章のチェロとデュオになる所、うん、すごく良かったです。私も、三上クンの『ヴァイオリンの音色』が恋人にほしい!でもでも、そのチェロクンも三上クンに負けず劣らずかわいい。あらっ、札響っていつからこんなにアイドル系になってたのかしら。若い人が多くて、びっくりしました。もっと、札響聴きに行きたい。
昨日の楽器の配置は、すごく変わっていました。私が無知なだけかもしれないのですが、第一ヴァイオリンの後ろにコントラバス、横にチェロ、そしてビオラでした。
ドレミの箱に少し募金して、面会時間の過ぎた病院に行きました。母を最後にコンサートに連れて行ったのは、何年前だったか、調べてみたら4年前でした。→ここ 私に音楽を与えてくれたのは、まちがいなく母です。
昨夜の母は、私の直感ですが、良くは見えませんでした。酸素吸入のレベルは落としていないのに、指先の酸素は、前日の96平均から95になっていて、呼吸が早かったです。この期に及んで「ねぶた」行きたいと思っていた私の迷いは、昨夜の母を見て吹っ切れました。私はそうしたいと思ったから、行かないことにしたんだわと。
[PR]

by nyankai | 2010-08-04 09:05 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/11679057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-08-04 10:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by こけし at 2010-08-04 12:07 x
お母さまが”音霊”と共に過ごされているといいですね・・・。
Commented at 2010-08-04 13:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nyankai at 2010-08-04 19:06
★上の鍵コメさんへ
ありがとうございます。

★こけしさんへ
きっとそうだと思います。
ありがとうございます。

★下の鍵コメさんへ
どうもありがとうございます。
Commented by Traviata at 2010-08-05 00:34 x
ウフウフ、良かったでしょ、カワイイでしょ(笑)
そのチェロクンは、きっと首席奏者の石川クンですね。
三上クンと石川クンは学年も一緒で学生時代からの親友だそうですよ。

でも、以前、歌姫さんほかと話したのですが
「失礼は百も承知で言うけど
二人ともその辺歩いてても何の興味もわかないよね」って。
しかも、その会話って二人のデュオ・コンサートの帰り!(爆)
ほんと、あの二人はふだんと楽器を持ったときのギャップがスゴイです!
いやまぁ、他の団員さんも多かれ少なかれそうなんですけど・・・

ところで、このコンサート、指揮は高関さんでしたね。
高関さんは『対向配置』という並びがお好みで
キタラでの演奏会も高関さんが振るときはいつもこの並びです。
ふつうヴィオラがいるところにセカンド・ヴァイオリンが並びます。
ヴァイオリンを左右に対向させることで
音の重なりにより立体感が出るのだとか。

今年の『第九』は初めて高関さんの指揮で歌うので
オケの音の違いもとても楽しみです。

以上、釧路からでした!
Commented by nyankai at 2010-08-05 09:13
★Traviataさんへ
釧路から、ありがとうございます。
石川クンですか。覚えておきましょう。
人間って、ギャップがおもしろいんですよね。
はい、指揮は高関さんで。なるほど、そうなんですか。『第九』、聴きに行きたいな。もう、年末?