イギリス・ルネサンス音楽のひととき (7/19)

昨日は、宮の森アルテ・ムジクス 第3回アーベントムジーク「イギリス・ルネサンス音楽のひととき」に行ってきました。札幌でやっている合唱団(不定期気まぐれお気楽合唱団です)の仲間が、6人も出るんだもの、行かないでいられましょうか。歌友と待ち合わせをして、ランチ、おしゃべり&バーゲンひやかしをして、会場に着きました。会場にも、知った顔がいっぱいでした。
d0017084_8523961.jpg「宮の森アルテ・ムジクス」は、バロック、古典派の作品を主に演奏することを目的として創設された、管弦楽団&合唱団です。今日のコンサートは、フルメンバーではなく、合唱は小編成で、楽器は「ヴィオラ・ダ・ガンバ」と「リュート」でした。
宗教曲と、ガンバ・コンソート&コンソート・ソングと、世俗曲(自分で書いていて良くわかんない)というプログラムでした。1曲だけ、もしかして聴いたことあるかも、というだけで、知らない曲ばかりで、寝るんじゃないかと、不安でした。「来たれ 重い眠りよ」なんて曲もあり、これはまずいと思ったら、ギャグではなく、疲れ切った魂を死に捕えてほしいという、深刻な曲でした。
大活躍の「歌姫」さんは、終始落ち着いていて、微笑みを絶やさず、とてもすてきでした。私も次回のライヴまでに、こんな風になりたいと、心から思います。
演奏は、シンプルな表現をすると「大変上手で、気持ち良かった。」です。ありがとうございます。
終演後、お茶したお店に、徳永エリさんがいました。会釈してみたら、もちろんニッコリ返してくれました。札幌は、いつか京都で体験した梅雨の子分くらいに、けっこう蒸し暑かったです。
[PR]

by nyankai | 2010-07-19 08:52 | 音楽(合唱) | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/11574527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 理音&むっつり猫の赤裸々.. at 2010-07-19 15:21
タイトル : 八丁堀 ステーキ定食 助六(すけろく)
八丁堀の助六は、牛タンが美味しいお店として有名です この助六、...... more
Commented by 歌姫 at 2010-07-19 16:17 x
ご来場ありがとうございました♪
ちょっと遅れてロビーに出たのですがお会い出来なくて残念でした~。
よく見える場所にいらっしゃいましたが、寝てませんでしたよね(笑)?
でもガンバの音色なら、寝てしまっても不思議はないですよ。
リハで私のステージを見学していたOさんは「ガンバとあなたの歌の所で気持ち良くて寝ちゃったよ~ガンバは身体が解放されるんだよね~」と言ってました♪
Commented by nyankai at 2010-07-19 18:17
★歌姫さんへ
まあ、歌姫さん直々のコメント、嬉しいです。
天に誓って、寝ていませんよ。絶対!でも、本当に気持ちの良い音でした。みなさんも、演奏していて気持ち良さそうでした。
又、きっと一緒に歌える日が来ることを、楽しみにしています。