次は私の番だと思わせてもらった (5/12)

「卑弥呼」の直前だったので書きそびれていた、とっても大切なことです。
この間、マイミクさんのお嬢ちゃんのピアノ発表会を、去年に引き続き聴かせていただきました。今年もまた、かわいいドレス姿の女の子、おすましなスーツで決めた男の子、照れくさい真っ盛りでトレーナー姿の少年、そして華やかに装ったお姉さま世代の女性たちのピアノ演奏や歌曲を堪能させていただきました。
私は、プロのへたくそ(あくまで主観です)は断じて許せないのですが、アマチュアのひたむきさには、めっぽう弱いのです。特に子供が一生懸命やっている姿には、すぐウルウルしてしまいます。
d0017084_910391.jpgこの教室の先生のすごい所は、女の子は黒いドレス禁止らしい所です。おしゃれの観点からは、安易に黒を選びがちですが、きれいな色を着ましょうと呼びかけるなんて、すてきです。演奏し終わった時の、鍵盤から手を離す時の形とか、優雅なお辞儀の仕方とか、細かい配慮がされている点も、良いと思います。
さて、お姉さま世代と思われる方が数人、ピアノと歌で出演されました。プロフィールを拝見すると、ずっとやってきたのではなく、ここ何年か前からという方たちです。すばらしいではありませんか。
50歳を過ぎてミュージカルで、青息吐息、苦しかった私は、そのお姉さまたちに「次は私の番よ。私も輝いてみたいわ。」と勇気をいただきました。ありがとうございました。
今日は冷たい雨が降っています。風が無いので、ショパンのような心地よい雨音(雨だれ)です。ターシャもこんな日は、家の中で針を動かしていたのでしょう。
 PS 佐渡 裕さん、ベルリンフィルを振るそうです。すごい003.gif私は札幌地下街のマックで、彼に会ったことがある。それがどうした・・・だけどね。
[PR]

by nyankai | 2010-05-12 09:08 | 音楽(合唱) | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/11097407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2010-06-05 19:56
タイトル : ミケランジェリ/ショパン・リサイタル
音の理論に沿い、そして超える、希代の音の操り師の至芸である。 ... more
Commented by シェフレ at 2010-05-12 11:38 x
純粋無垢で一生懸命頑張っている姿には泣かされますね。特に子供には弱いです、こちらも静かな雨です、うたた寝をしていたら電話に起こされました。
Commented by nyankai at 2010-05-12 16:03
★シェフレさんへ
シェフレさんもそうですか。
雨は、弱いながら降り続けています。寒いです。