ライヴだホイ!

天候不順というか、春めいた日がなかなか無くて、ガーデニングのスイッチが入らないでいました。別荘のご夫婦の仲好く外仕事する姿をねたんでへこんでいる場合ではないので、ようやく昨日、ニャンコ座の広大なガーデンのお仕事初日として、冬囲いはずし(今日も寒くて心配)と、枯れ草や枝の始末をしたら、窓の外の景色がそれだけで変わりました。
d0017084_9272160.jpgという話題ではなくて、我らが富川合唱団のライヴの話が、少しずつ現実味を帯びてきました。会場のライヴハウスを確保したので、日程が決まりました。
昨日の夜も、集まって練習をしました。出演者は、メンバーの娘さんとそのお友達が入ってくれて、総勢8人(内、男声は2名)になりました。
合唱曲としては、「草競馬」「あなたに逢いたくて」「My Life Is in Your Hans」「ふるさと」、後はそれぞれのメンバーが歌いたい曲をということで、私は「かなわぬ夢」と「プレイヤー」、その他「川の流れのように」「なごり雪」「卒業写真」等々が聴ける予定です。
服装も、せっかくだから、普段着はよしましょうということに。困ったわ、私。ドレスたくさん持っているから(・・;) その曲によって、着たい服が違うから、1曲ごとにお色直ししようかしら・・・って、私、こういう性格だったんですね。
ただプログラムを追っていくのではなく、ストーリー仕立て、とまではいかなくても、そのライヴが自然な構成になっているショウにしたいと思います。
メンバーの家族と親しい友達をお招きして、飲食付き、まっ、ディナーショウですね。
「卑弥呼」札幌公演までは、それに全力投球ですが、ライヴもワクワクします。
 PS 良くコメントをくださる理恵子さんによりますと、今日は「男性が薔薇の花を女性に、女性が男性に本をプレゼントする日」だそうです。薔薇(百万本とは言いません)、募集いたします。よろしく。お礼に、↓下記の本、差し上げます。
Moreに、理恵子さんからの詳しい説明を載せました。ぜひご覧ください。




毎年、4月23日は「サン・ジョルディの日」です。
この「サン・ジョルディの日」とは、カタルーニャ地方の伝統的な祝祭日で、カタルーニャの守護聖人である騎士サン・ジョルディの伝説に由来すると言われています。
バルセロナを中心とするカタルーニャ地方では、大切な人に美と教養、愛と知性のシンボルとして、1本の薔薇と1冊の本を贈り、この日を祝います。男性は女性に花を、女性は男性に本を贈るのが一般 的で、家族や友達の間でもプレゼントが交わされます。
この日、カタルーニャ地方では、街に多くの花や本の市が立つため、人々はプレゼント用、そして自分のためにも本や薔薇を買い求めます。
さて、 この「サン・ジョルディの日」は、カタルーニャの人々のアイデンティティと実に深いかかわりがあります。それは、サン・ジョルディがカタルーニャ地方の守護聖人であるということ、そして、獰猛なドラゴンを相手に勇敢に闘い勝利を収めた騎士サン・ジョルディの姿が、カタルーニャの自治や言語を禁止した独裁政治と闘う精神と重なったことによると言われています。
また、4月23日はユネスコにより「世界本の日」に指定され、現在では国連の国際デー「世界図書・著作権デー」に指定されています。
では、なぜ「サン・ジョルディの日」が「本の日」なのでしょう?
それは、4月23日が偉大な文学者、ミゲル・セルバンテスやウィリアム・シェイクスピアの命日にあたるからで、彼らに敬意を表して4月23日が「世界本の日」に選ばれたということです。
皆さんもこの機会に、本や薔薇の花を改めて手にとってみてはいかがでしょう?
今日は「本の日」だから自分で本を買いに行ってもいいみたいです。
[PR]

by nyankai | 2010-04-23 09:26 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/10999146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 理恵子 at 2010-04-23 10:41 x
わぁ~凄い。見に行けないのは残念ですが、頑張ってくださいね。前にも書きましたが動是非画で見てみたいです。
Commented by nyankai at 2010-04-23 11:27
★理恵子さん、ビデオ撮れば良いのですよね。それは、考えましょう。
お互い、薔薇をいただける奇跡が起きないものでしょうか。
Commented by シェフレ at 2010-04-24 03:52 x
バラに限らず、花束を貰うと嬉しいですよね!
昔、お米屋さんに誕生日の花の鉢植えをプレゼントされた時の
喜び、今も忘れません。単なるサービスの鉢植えだったのですが、くれた人がイケメンだったから?嬉しかった単純な私です(笑)
Commented by nyankai at 2010-04-24 09:59
★シェフレさん、良くわかりますよ。こういう場合、イケメンは大切な要素です(^_^;)