ゆるい恋人たち (1/6)

ノリ君のセカンドアルバムに、「愛のモンタージュ」というのが入っています。元曲はベートヴェンの「月光」第一楽章です。「Why どうして 人は愛し合うの?」「Because 君と 離れて 答えを知る」と始まります。そうでなくてもロマンチックな調べなのに、この歌詞はたまりません。
d0017084_8412463.jpg爆弾発言させていただきますと、(子育てが終った)Widow 生活って、けっこうロマンチックなものなのです・・・って、どう?
以前、私よりもずっと若いですが、夫と同じ病気で大切な人を亡くした体験を持つ友達が、すばらしい男性からプロポーズされて、「2度とこんな思いをしたくないから、大切な人をつくりたくないのが本音。プロポーズを受けるかどうか、迷っている。」と言いました。彼女は結局結婚して、今幸せに暮らしています。心から良かったと思います。
でも、その時の彼女の迷いは、すごくわかります。夫に依存しきって生きていたらしい私は、正直、安心させてくれる人がほしいです。心の中で夫は生きていると思っても、現実の場面場面ではどれ程の支えになるというのか・・・でも、夫以上の人が存在するとは思えないし、これ以上かけがえの無い人を失うことは、もう絶対ごめんなのです。
d0017084_85215100.jpgそれで、はたと思ったわけです。「ゆる~い恋人」が、それも複数いれば良いのだと。でも、それって、社会的にはとんでもないことですよね~。だめ、ですか?(声に出して、歌ってみて!)
少し前の新聞投稿に、確か、70代中盤の女性が、「夫が亡くなった後、12年付き合っている彼と、共同生活(結婚ではない)をすることにした。」と投稿していました。強さやすがすがしさや若さや、とても印象に残ったのです。
「報われない愛と知っても あなたはまたここに来ると~・・・」ノリ君の歌のせいで、新年早々何書いてるんだろ。
「ゆるい恋人」と言いましたが、お金持ちで、息子の才能に投資してくださる方なら、喜んで結婚しても良いです。と書け、と息子が言いましたので、よろしく。
[PR]

by nyankai | 2010-01-06 08:39 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/10635016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シェフレ at 2010-01-06 10:59 x
最後の行、笑ってしまいました~「ゆるい恋人」で思い出すのは、暫く会っていない友人、旦那様が居るにも関わらず、月イチで会っている彼が居ると聞いてビックリ!した事が有ります。今は孫が二人できて可愛いとメールがくるけど、その彼とは未だ続いているのか?気になります。
Commented by JIN at 2010-01-06 11:32 x
母の恋人の資産を皮算用??息子さん、なかなか強かな一面を
お持ちのようね~笑ってしまったわ、さすが総裁♪
ゆるいこいびと~♪ え?白いこいびと??
Commented by nyankai at 2010-01-06 21:45
★シェフレさんへ
そのお友達に、すごく興味ありです。
私の中では、けっこう世の中の常識が、壊れつつ(-_-;)あるのかなぁ・・・何だろう、この気持ち。

★JINさんへ
良い親子でしょ。こんな話し、良くします。
息子は、彼女がいるのに、結婚する気は無いと言うのです。2人共それで良いなら、私は良いのですけど。
「白い恋人」のメロディーですよ。「白い恋人達」も、歌ってください。「過ぎてゆくね~」の、あの歌ですよ。

★理恵子さんへ
すてきなお母様ですね。お近づきになりたいです。
良い男で、つりあう年齢で、お金持ち・・・のフリーがいるわけないか。いないでしょうかねぇ。

★ゆうきのパパ さんへ
「欠点」というか、得意分野と苦手分野を分担し合えたら、と思います。
私は、夫と大学で知り合って、9年目で結婚できました。勤務先が遠くて、時間がかかりました。その間は、恋人だったかも。
「ゆるい恋人」、良いでしょ?おかしくないですよね。
Commented by torajimi at 2010-01-06 22:16
あー、いいんじゃないですかねぇ。息子ちゃんも立派に自立なさいましたし。
安心感とうっすらとしたときめきを与えてくれるような存在が
いてくれたら素敵ですよねぇ。
複数ってのは贅沢かと思いますが(笑)。お気持は分かります~。

お年賀状、素敵な版画をありがとうございました^^
ゴム印バージョンもかわいいですね♪
こちらの方がふさわしかったとおっしゃっておられましたが、
枚数限定のプレミア版を選んで送っていただいたこと、嬉しく思ってます♪
Commented by nyankai at 2010-01-07 09:27
★torajimiさん、賛同してくださって、ありがとうございます。「複数は」ほら、もしも失った時のスペアなのですよ。ぜひ必要なのです。
木版年賀状は、やはり大変なので、限定版なんです。喜んでいただけで、嬉しいです