ブログトップ

ニャンコ座リポート since 2005 April

 私の体調と機嫌は、デパスのさじ加減にかかっている感じです。眠くなってしまう副作用を活かすも殺すも、飲むタイミングにかかっています。昨日は朝1錠飲んだままにしていたら、午後8時45分薬が切れて、急に左腕がだるくなりました。
 昨日は従兄の奥さんが出品している作品展は見に行く以外は、1日練習に明け暮れようと思っていた。でもついでに、姉様の所に、コンサート情報など持って行こうと連絡したら、姉様も会場に来てくれる事になった・・・あれっ、なんで「である体」で書いてるんだ、私・・・解消の駐車場で姉様にあったら、見終わって出てきた姉上にばったり遭遇したのです。
 d0017084_95239100.jpg姉上はもう1度会場に戻り、ザッと見た所で、セルフサービスのコーヒーをいただきながら、しばしおしゃべりしました。何と、2人とも「讃歌」に来てくれるって。これでT浜さんと合わせて3枚売れました。がんばれ、私。
 今回は力作が多かったように思います。「習作」というのでしょうか。同じ人が同じ絵を2枚並べて出しているのが、とても興味深かったです。従兄の奥さんも、同じ題材のパステル画を、色の違う紙に描いていました。
 ボタニカールアートをする方の、花壇の絵が私のドストライクだったこと、トラ猫ちゃんの鉛筆画の前で「あら~、うちの○○ちゃんにそっくり」と言う人が数人いたこと(私もネギだと思った)等々、見ごたえがありました。
 帰り道の運転をしながら、明日のコンサート(チャリコンの他、夜には歌旅座が近所であることが判明、ダブルヘッダーだ)に声かけてやりたい人を思い出し、その連絡調整やら、昨日卒園したなんちゃって孫のハッチ~にお祝いメールを送ったら、写真が返ってきて、そのお礼をしたり、なんだかんだで夜になってしまいました。私って、存外面倒見が良い人なのかもしれないです。
 一連の国会などを見ていて思いました。国会議員と官僚って、顔が違いますね。もちろん口調も表情も違います。どちらの人種も、わざわざ動詞を名詞にして「を」をつけるのが耳障りです。「承知をしていると、お~いうことで、え~ございます」は、「承知しております」で良い。それから「してございません」は変でないかいF65B.gif「しておりません」だと思う。
 おまけにもう1つ怒ろう。道徳の教科書、パン屋ではお国を愛する気持ちが育まれないので、和菓子屋に変えさせられたんだって。子どもはアンパンマンが好きだよ。京都の和菓子は高いよ。息子は、「それゆけあんまんまん」と皮肉っていました。座布団1枚。
 今日は午後、チャリコンの会場確認とリハみたいなもの。夜は歌会です。
[PR]
# by nyankai | 2017-03-25 09:51 | 心もよう | Trackback | Comments(0)

 3月も下旬なのに北海道は大雪の報道がされていますが、ニャンコ座町は風が少々冷たい位で、毎日良い天気です。
昨日は、籠池(元F65B.gif)理事長の証人喚問けっこうちゃんと見てしまいました。良くしゃべるおっちゃんですね。誰がウソをついて、隠し事をしているのでしょう。ウソは、自分の保身ではなく、世のため人のために、誠心誠意全力で付くものだと思っています。たとえば、「最後の一葉」のように。侍ジャパンは、証人喚問を見たい人のために、と思いたくなるタイミングでした。
 デパスは、効いてくれています。でも切れます。切れると、又こわばりが戻ってきて、だるくなります。飲んで、症状をが治まっているうちに、気が付いたら治っていました、が理想なんだけど。そうこうしているうちに、右股関節がダメになってる自覚もあり、ヨガもできなくなるのかなぁと書いているわりには、私は機嫌悪くはないです。
d0017084_95726100.jpg 26日の隣町のチャリティーコンサートが近づいてきました。浦ちゃんの歌ができていなくて、でら(ある子ちゃんに教えてもらった)不安です。今日もひたすら練習しよう。JELLYさんがギター、私がピアノで、歌はハモります。本当は乙姫の衣装を用意したかったのですが、間にあわないね。
 数日前にフライヤーを見せてもらったのですが、私の名前の字がしっかり間違っていました。ごていねいに、2文字とも。確かに私の名前は、国語教師でも読めない字です。どんなパソコンもスマホも変換してくれないのはわかっています。が、せめて、確認してください。JELLYさんにあやまられて、当日のプログラムは直しておくからと言われ、仕方ないなと思っていました。それが昨日、サイトを見ると、フライヤーも直っていました。ありがとう。これで機嫌がさらに良くなりました。
 町内で活動する音楽団体、音楽愛好家が出るんだって。私町民じゃないし、ハカセ次郎さんもね、それにプロだし。まっ、良いか。プログラム見ると、もうおひとかた、ソプラノ独唱がいらっしゃいます。曲は「私を泣かせてください」と「初恋」(絶対に石川啄木の方だと思う)とあります。えっ、聞いてないよ。そんな方が出るなら、「オンブラマイフ」やめりゃ良かったとJELLYさんに言ったら「しんぱいないさ~emoticon-0159-music.gif、地元の合唱団のおばさんだから」って。そうか、なら良いか、クラシックが私だけゃなくて良かったわ。でも、この2曲を歌えるなんて、体力ある人なんだろうな。ハクナマタタF3A8.gif
[PR]
# by nyankai | 2017-03-24 09:55 | 音楽(合唱) | Trackback(1) | Comments(0)

 WBCも少し気になったけれど、昨日は韓国旅行のキャンセル料が発生する日だったから、と言うほどのこともないけれど、残金を払いに、苫小牧のイオンの中にあるJTBに行きました。姉上の分も私のポイントにしてくれました。保険の掛け金が違うのをいぶかっていたら、年齢の違いでした。d0017084_92443.jpgパスポート番号を記載してもらって、いくつか質問をして、とりあえずは終わり。
 「和幸」でおいしい昼食をとり、せっかくだからお店をブラブラ。私は特に「アース」のファンでも「あおいちゃん」のファンでもないのだけれど、何となく引き寄せられてしまう。理由は、ここの服が、小さめだからでしょう。75%引きなどと書いてあると、むずむずしてしまうのです。外税のからくりがわかっていても、990円には負けてしまうのです。あ~、昨日も敗北だった。韓国に着て行くんだとか理由付けて。
 そして、2人で10分200円の豪華マッサージチェアにかかり、さて・・・と思った所で、姉上が「映画でも見たい」と言うから、それも良いなぁ~と思ったけれど、何も下調べしていなかったから、シネコンにとりあえず行ってみる。40分後に始まるのがd0017084_924713.jpg「3月のライオン前篇」で、神木 隆之介君だったので、良い事にしました。私にとって神木 隆之介君は「牛若丸」なんだなぁ。
 前々から食べてみたかった、ラングドシャのソフトクリーム(500円)を買って、入りました。おいしいにはおいしかったですが、手がべたべたになってしまい、映画の間中気になり、ウエットティッシュを持って行かなかった事を後悔しました。
 将棋が全くわからないので残念でしたが、思った事を表現するのは下手な人達が、だからその悲しみや、辛さや、怒りや、そんなことが周囲にはわかってもらえず、自分だけが不幸なのだと思ってしまう。でも少しずつほどけていくのが、ほっとできる映画って感じでした。
 映画が終わっても、外はまだ明るくて、何だか急に韓国に行くのがとても楽しみになりました。だるいのはおそらく治らないだろうけれど、症状を何とかコントロールできるように、ついでに睡眠薬無しで寝られるようになりますように。
今日は、お彼岸の「76―76」の後、ヨガです。
[PR]
# by nyankai | 2017-03-23 08:57 | 映画・テレビ番組 | Trackback(1) | Comments(0)

ピーカン (3/22)

 昨日はどこに出かける予定もなかったので、朝昼晩と分けてデパスを飲んでみました。午前中はちょっとボ~ッとしていましたが、日常的にやるべきことはこなし、昼食後飲んだら眠くなって、私としては非常に珍しく、小一時間昼寝をしました。肝心のだるさは、良い感じに緩和されていたので、夜は寝付くために10時まで飲むのをがまんしました。だるさというか、こわばりというか、原因がわからないので、デパス飲んでも治る訳ではないでしょうが、マエストロ練習を、立って楽譜持ってやれたのだから、d0017084_9351349.jpg良いのではないでしょうか。
 先日の事ですが、同年代の知人が職場で「今日はピーカンだね」と言ったら、若い子に怪訝な顔をされたそうです。通じなかったのです。あわてて、40歳位の人に「こんな日は、ピーカンって言いますよね」と同意を求めたら、その人もわからなかったそうです。あれ、ピーカンって、死語?
 書き魔でもあり、調べ魔でもある私、さっそく・・・ピーカンとは快晴のことで、もともと映画業界が撮影時に使っていた言葉である。ピーカンの語源は快晴の空がタバコのピース缶の色に似ていたという説、快晴の日はカメラのピント合わせが多少曖昧でも完全に合うことから『ピントが完全』を略したとする説、単純に太陽の光が「ピーンと届いてカンカン照り」を略したという説など様々だが、正確なことはわかっていない。他に、語源はオペラ曲「ある晴れた日に」のピンカートン、完全な天気と言う意味で「パーフェクト・コンディション」を略して「パーコン=ピーカン」となったという説もある。
 そうか、ピースの缶なのか。で、思い出があります。息子が幼稚園の時、旭岳に行きました。とても良い天気で、撮った写真のフィルムを写真屋さん(確か、ホースマンラボと言う名前だった)に持ちこんだらば、「天気良すぎて調整に苦労しました」と、笑って言われました。その写真がこれです。正にピースの缶の空で、いっちゃんの色変わり眼鏡は完璧にサングラス、息子は眩しくて目を開けられないでいます。
 語源はわかりませんが、ピーカン、残しましょうよ。今朝は、淡いピーカンです。
[PR]
# by nyankai | 2017-03-22 09:33 | 自然 | Trackback | Comments(0)

 お天気も良く、良い三連休だったらしいですが、私はたくさん歌えて、実り豊かな3日間でした。昨日は、チェロが2人、ヴァイオリンの他、3人のソリストが参加してくれて、直接絡む曲も、そうでない曲も、すべてでそろった感でした。
 日本語ではない曲は、いくら対訳を読んでも、もちろんそれは自分の努力が足りないのではありますが、ダイレクトに感情移入ができません。そこをマエストロは、非常に分かりやすい支持を出してくれます。それによd0017084_10283459.jpgって、自分でも気付くほどの変化があるのでから、やっていてこんなに甲斐があることはありません。
 たとえばですね、「土台を踏みしめるように」「羽毛布団に寝ているように」「オペラの様に」「2回同じ事を歌う時はねだっている」「天の声」「どこに橋渡しをする?」、次から次へと、魔法の言葉が飛び出してきます。
 「どんな色の心で歌っていますか?」という質問がありました。「合唱は音色を楽しむ音楽なんだよ、色が変わる喜びなんだ」そうだ、そうだなぁ。マエストロ、即座に「良いこと言っちゃった」と自画自賛のお茶目な所が良い。
 何とか及第点に達した曲は「今日が演奏会ったら良かったね、このままとっておこう」と。ほんに、このまま冷凍保存しておきたいです。1日のオケ合わせが楽しみです。地方の、単なる合唱愛好家が、オーケストラと一緒に、キタラ大ホールで歌える、それだけでありがたい、これ以上何を望むのでしょう。
 今年は又、ベートーヴェンの交響曲9曲全曲試奏会があるらしく、「棚からボタ第九」に出てみたいです。それと、11/4にも一般公募、練習回数少ない「自己責任第九」もあるようです。そそられます。
 その前にチャリティーコンサートだ。体調は、筋弛緩剤デパスのおかげで、夕方まではまあまあですが、薬が切れてくるのがわかります。治りたい。おまけに今日はさすがに、腰の疲労がいちいるしいので、ためにしにデパスを、毎食後に飲んでみて、眠気の検証をしてみます。
 今日の写真は、ナナさんが折り紙で作ってくれたスカイツリー(?)を、ビル群に配してみました。ゴシックの石の建造物ではないですけどね。
      休日の疲れをとろうウイークデイemoticon-0136-giggle.gif
[PR]
# by nyankai | 2017-03-21 10:27 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

 昨日の歌会は、延び延びになっていた新年会かねて、おいしいオードブルとパン付きでした。チャリティーコンサートの練習がもうとれないのでと、特別参加のJELLYさんや、大きくなったシモン君を連れたある子ちゃんも来てくれて、楽しかったです。「海の声」は今3歩くらいです。気合入れに、楽譜の表紙を作ってみました。
 夜は「スポーツ講演会 全力疾走~どこにもチャンスは転がd0017084_7205439.jpgっている~ 森本稀哲」に行ってきました。特に野球の講演を聴きに行きたかった訳ではないのですが、好奇心と、筋金入りのミーハー体質なので。
 知人に「これから稀哲の講演に行くんだよ」とメールする際、スマホがすぐに変換してくれたのに、感動しました。だってさ、このワード2007は、してくれないよ。仕方なく「まれてつ」と入れました。もう活躍していたのにね。
 息子はいつだったか、東京に行った時に、稀哲さんの実家の焼肉屋さんに行ったらしい。去年は、解説があまりにまっとうでびっくりしたと言ってたっけ。だってさ、I本さんが、あまりに騒がしいからね。そう、講演もしごく真面目でした。
 登場の場面だけ、ちょっとお茶目でしたが、稀哲さん、何とすばらしいスタイル。185㎝の長身、脚長い、おそらく細マッチョ。d0017084_7213183.jpgその美しい身体を包むのは、右京さん並みに仕立ての良い背広で、ほれぼれしました。
 尊敬していたのは、やっぱり新庄なんだって。打撃ではなくてね、守備です。前の日本一の時、雪が舞うパレードを見ました。引退して毛皮のコートの新庄に対し、半袖のアンダーシャツの稀哲さんを、強烈に覚えています。
 ニャンコ座町の少年野球は、けっこう強いんですよ。講演の前には、スポーツ教室もあったそうで、子供たちがたくさん質問してくれたのも良かったです。少女が質問しました。「けがをした時は、どう過ごしていましたか?」「元気な体のありがたさに気づかせてもらえました」でした。
 今日もファーチレです。練習前に、美容室に行って、ヘアカラーしてもらいます。8時のペガサス号を予約しようとしたら、混んでいるので、15分早い日高号に乗った方が良いですよと言われたので、そうします。
[PR]
# by nyankai | 2017-03-20 07:19 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

 昨日、いっちゃんの誕生日を祝って、コメントをしてくれようとした人が、エキサイトの禁止キーワードではねられたそうで、メールでお祝いをしてくれました。お礼と、そしてエキサイトに代わって、お詫びいたします。エキサイト、ガラケーでブログ読めなくするなど、この頃変だよ。
 昨日は、マエストロによる、北広島の皆さんと合同の(全部で80人位だそうです)、すばらしいピアニストと、チェロ&ヴァイオリンも入った「讃歌」の練習でした。d0017084_984315.jpg合唱バカにとって、何が良いって、楽しいのは打ち上げ、本番、でも考えてみたら、練習ほど濃密な良い時間は無い。これはソロの練習をしているのとは、かなり違います。
 いつも指導をしてくれているトモコさんも、マエストロも、色んな事を教えてくれます。世界が広がります。できなかった事ができるようになります。こんな幸せなことはありません。
 メンデルスゾーンは、上昇する音を多用していて、これはゴシック様式の教会をたてて行くようなイメージなんだよ。そうか、そうだなぁ、頭の中に異国の風景が浮かんできます。メンデルスゾーンの気持ちになって・・・メンデルスゾーンは、好きです。ヴァイオリンコンチェルトを初めて聴いた時、萌えましたもの。
 メンデルスゾーンは、14歳の時に祖母から「マタイ受難曲」の楽譜(自筆稿の写本)をプレゼントされ、1829年3月11日に、20歳で復活上演を大成功させたんですって。すれはすごい。マタイは、それほど上演される事は多くないそうです。「讃歌」もめったにない。私のファーチレ第1曲は、北海道初演の「エリア」。ファーチレって、勇気ある合唱団だわ。私は何と恵まれているのでしょう。
 デパスが効いてくれて、昨日は立って楽譜持って練習できました。その分、本来悪い右股関節が痛くて、腰が疲れましたけど、そんなもの歌える事に比べたら、何も辛いことではありません。
 マエストロが最後に、今日の歌い始めの事(下手さ)は忘れた、と言ってくれて一安心。最近になり流行語かと思われるほど耳にするようになった「そんたく」ですが、合唱ににこそとても必要です。
 今日は午後歌会、チャリティーコンサートの練習もちょっとします。明日は又ファーチレ。三連休三連荘合唱三昧です。ノルマチケットがようやく1枚売れました。4/30、GW中ですが、勇気あるファーチレの「讃歌」聴きに来てくださいね。
[PR]
# by nyankai | 2017-03-19 09:06 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

       いっちゃん63歳おめでとうemoticon-0109-kiss.gif
 昨日は月一の歯医者でした。いつまで毎月なのかと思いますが、歯垢取りして、フッ素塗ってくれるから良いとして、待ち時間が長いのに閉口します。昨日も9時半予約で、少なくとも1時間は待つだろうと、単行本を持って張り切って出かけたら、30分経たないうちに呼ばれました。入るなり「おまたせして申し訳ありません」と。私、ハタと膝を打ちました。先月アンケートに答えました。「待ち時間が長くて、仕事のを抜けて来た人などが困ると思います。予約の取り方に無理があるのでは?d0017084_9193699.jpg」と書いたっけ。
 歯医者の話ではなく、今日はいっちゃんの63歳の誕生日です。63歳のいっちゃんは、おそらくそれほど外見は変わっていないんじゃないかと思います。
 いっちゃんのお父さんは、炭鉱に勤めていました。石炭掘りではなく、電気工事をやっていたそうですが、炭住に住んでいました。その頃(昭和34~35年辺り)の妹さんといっちゃんの写真です。いっちゃんと義母はそっくりです。このあか抜けない様が、かわいくって幸せそうです。でもなぜか、いっちゃんが持っているぬいぐるみが、どうみても「コアラ」みたい。そんな訳は無い。鼻がちょっと小さいから、やっぱり熊か。
 コアラが日本で知られるようになったのはいつごろかわかりませんが、日本に来たのは1984年で、「コアラのマーチ」発売もその年です。息子が大好きで、私の母がすぐに買い与えて困ったのですが、幸い虫歯にはなりませんでした。
 コアラの話ではなく、この写真の、敷いている赤ちゃん布団の様な物、d0017084_9201637.jpg後ろのたんすなど、昭和の、貧しくても、時間がゆるやかに流れ、人々の心にはゆとりがあったような気がします。
 もう1枚は、おそらく大学2年の時の写真です。長髪にトンボ眼鏡のいっちゃんと、横の女性は「ニャン」(本名のわけないしょ)と言う先輩です。その隣の嫌にかっこつけてる男性は、知らない。コーラとファンタの瓶があって、後ろの遊具で遊んでいるのも、たぶん大学生でしょう。私が入学する前です。
 いっちゃんがもし生きていたら、歌はうたっているだろうけれど、友達と出かけることはあまり無いだろうなぁ。いつでもいっちゃんと一緒に出かけるだろうから。いっちゃんはもう笑美ちゃんに首ったけで、大変な事になっていると思います。
 いっちゃん、今年は、私の体がゆっくり治って、外仕事ができるようになりますよう、何とかお願いします。今日は、「讃歌」のマエストロ練習です。一緒に行こう、いっちゃん。
[PR]
# by nyankai | 2017-03-18 09:14 | 夫いっちゃん | Trackback | Comments(0)

 柄にもなくほんの少しずつ、体に負担かからない範囲で、片付けをしています。捨て下手なので、大してきれいにはなりませんが、持っている物の再確認はできます。いわゆる発掘作業です。
 コンサートのフライヤー・チケット・プログラムなどは、ポケットファイルに入れているのですが、この1年、相当具合が悪かったので、とりあえず散らからないよう、d0017084_9144462.jpgクリアファイルに入れて積み上げていました。そのクリアファイルが、あることあること。事務的な透明なのやら、誰かのおみやげ(おみやげに困ったら、クリアファイルは便利です。もらって迷惑に思う人は、少ないんじゃないかな)やら、わざわざ買った祐様やサラ・ブライトマンやオペラ座の怪人のやら。
 クリアファイルは普通A4ですが、そうでないのが何枚かありました。まず、たぶん猫雑誌の付録だったと思われるB5サイズ。「ベルバラ展」で買ったオスカルの、チケットなどを入れるには最高の定形封筒サイズ。出所を忘れてしまった(どなたかがくださったのならすみません)水色で花柄のA4の半分くらいのサイズ、給料袋(もはや死語F65B.gif)月謝袋などはすっぽり入りそう。後2枚ははがきサイズで、ポスト柄は郵便局でパートをしている友人がくれた物、つぼが描かれているのは、去年東京都庭園美術館で買った物です。
クリアファイルの定義が知りたくなって調べると、d0017084_9151451.jpg何のひねりもなく〔透明な〕クリアーな、clear「ファイル」でした。ポリプロピレンなどのシートを2枚重ね、間に書類をはさめるようにしたもの、という説明でした。その意味では、オスカル様のはクリアではありません。
 どちらもいただきものですが、さらに仕切りが付いているのは、楽譜を入れておくのに重宝しています。
 今年のごちゃコンのソロ曲が決まっていません。心から湧きたつのが無いと言うのか、別にやる気がない訳ではないのですが。1番やりたいのは、アレンジが間にあわないので来年にしました。で、候補は、大好きなミュージカル曲「シェルブールの雨傘」、当たって砕けるのが必至の「サマー・タイム」、去年「Ale Ale Ale」がメチャウケしたので、3枚目ソングの「待って」。さて皆様、どれが良いと思いますか?
[PR]
# by nyankai | 2017-03-17 09:13 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

 まずは、メンタルクリニック受診の報告から。あちこちで何度か訴えた「私はうつ病だからだるくなったのではなく、だるいからうつになったのだと思います」に対し、ドクターは「そうだと思います」と言ってくれました。「デパス」に関しては、筋肉が緩んでこわばりがとれることは十分d0017084_10211122.jpgありうるので、1日3回1錠ずつ(3錠を上限にして)を、自分で調整して飲むようにと。だるさの原因は、きっと何かがあると思うと言ってくれました。原因がわかった訳ではないですが、初めて納得できる答えでした。抗うつ剤は、離脱症状が出ないよう、少しずつ減らします。
 帰りにユニクロによると、冬物が安くなっていました。息子がよれたパンツやトレーナーを着ていたのを思い出し、Sの暖パン(息子は脚が長い訳ではないけれど、痩せっぽなのでSじゃないとだめ、したがって股下が短くてかっこは良くないけど、いたしかたない。もう暑過ぎるかもしれないけれど、次の冬でも良いさ)、長袖のTシャツを買い、帰宅後袋から出して、値札などもとって(そういうゴミになるものは前もって回収しておかないと、家が散らかるだけ)、わざわざ送料かけて送ってやろうと言う、何と言う過保護な親ばか。
d0017084_10214581.jpg いえね、あんたの息子はよれよれと言われても、天才ですからと平気ですが、Yちゃんや笑美ちゃんが、みじめな思いしたらかわいそうでしょ。
 今年は、外壁と屋根とお風呂のコーキングのメンテをすることになっています。けっこうな金額が吹っ飛びます。玄関と2階ベランダの風除も考えていたのですが、やめました。経済的な事情です。今までなくても特に困っていなかったですからね。その分で、笑美ちゃんの学資保険に入る事にしました。私の夢は、Yちゃんに似て小顔で長身の笑美ちゃんが、宝塚音楽学校に行って、男役トップになる事・・・はほぼ冗談ですが、夢くらい見たって良いでしょう。
 昨日は、レディースクリニックにも行ったのですが、赤ちゃんを連れた、茶色のワンレンボブの大柄なママがいると思ったら、パパでした。プロレスラーかヘビメタロッカーに見えますが、なかなかのイケメン。会計の所で横に座ったので、赤ちゃんに笑いかけたら、声を出して笑ってくれました。「私も、12月に孫が生まれたんですよ」と言うと、ワンレンパパは「10月生まれの、ユータです。同い年ですね」と、人懐こい笑顔で返してくれました。この世のすべての赤ちゃんが、いとおしくてたまらない私です。
[PR]
# by nyankai | 2017-03-16 10:19 | 心もよう | Trackback | Comments(0)