断腸の思いで (12/12)

 昨日雪が無くなったのに、今朝は又真っ白になりました。
 別に行きたい訳じゃないのですが、月に1度のペースで呼び出されてしまう歯医者。昨日はようやく、歯磨き3%(歯を磨いていない状態を100%として、どれくらい磨けたか)をもらえました。d0017084_1012758.jpg歯のお掃除してもらえるから良いんだけどさ。
 歯医者へ行こうとしているその頃、昨日は隣町で、竜巻が発生した模様で、屋根が100mも飛ばされたのだとか。ニャンコ座町も、雨あられで雷鳴って、おかげかどうかわからないけれど、いつも死ぬほど待たされる歯医者が空いていて、すぐに呼ばれて、あっと言う間に帰れました。
 今年もクリスマスパーティーが近づいてきました。去年までは「HKB48」とか「AHH(N)」とかふざけたユニット名で、数曲を歌ったり伴奏したりしてきましたが、今年は1人1曲という厳しい指令が来ました。
 本当の所、体調のことや、左手が動きにくいこともあって、発表はできないかなぁ、できないんだったらパーティーそのものに行く気が起きないかもしれないなぁなどと思っていたのです。今月に入ってから、「弾き語りを1曲」というお誘いをいただいたので、この左手でも弾けるとしたら、シューベルトの「アヴェ・マリア」かなぁと思いました。3番まで歌うと長いので、本当は歌詞が大変なので、d0017084_10125279.jpg1番の後ろにハミングを入れた特別版にします。
 一昨年と去年「Ale Ale Ale」と「待って」が非常にウケたので、今年も「復讐」もやろう、どうにかなるだろうと思って、ギターの伴奏を手配しました。ところが、今年は出演者が多いのか、1人1曲ときびしいお達しなので、どちらかを選ぶなんて、とてもできない。クリスマスらしい曲と、コミカルソング、全く意味が違うんだもの。でも「復讐」1曲にしたら私のキャラが誤解されるので、泣く泣く断腸の思いで「アヴェ・マリア」にすることにしました。だってさ、クリスマスなのに、たぶんクリスマスの曲をやる人がほとんどいないんだもん。
 起きてられる時間は増えているのだけれど、根っこの所で気が晴れません。一人でいることが苦痛です。寂しいです。誰かと暮らしたいです。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-12 10:10 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

もん吸演奏会 (12/11)

 12月なのに、雨が降っています。雷も鳴りました。こわいよ。
 元R.R.Singersで、私にとってはお母さんほどに年上の友達Nさんが、町の吹奏楽団の演奏会に誘ってくれました。数年前に車の運転をやめたNさんなので、会場までの足が無いことが、1番の理由ですが。いつも色々な人達に助けてもらっている私ですが、町内のことだし、幸いお天気も良かったので、Nさんを載せて行ってきました。
d0017084_10463953.jpg Nさんが檀家であるお寺の坊守さん(私もそこそこ知っています)が団員です。若い頃は知り合いが何人かいたので行っていましたが、この頃はご無沙汰気味でした。演奏者(24人)も、お客様(100人ちょっとでしょうか)も、程ほどの人数でした。吹奏楽の世界は、若い人が多くてうらやましいです。上手く世代交代できているのですね。その点合唱は・・・ぼやきますまい。最近は、シフトで働く人が増えてきて、土日だから良いというものでは無くなったとかで、どこもそうなんだなぁと思いました。
 もらったプログラムを開けると、折り紙の花が入っていました。第Ⅰ部のテーマが「花の色、花のかおり、花の音」でした。良い香りがするので、帰ってから裏側を見ると、2㎝ほどのお線香が貼り付けられていました。坊守さんの仕業でしょうかねぇ。
 吹奏楽は、本当にわからないのです。良いとか悪いとか、あっているとかいないとか、全くそういう話では無くて、合唱は基本がクラシックで、吹奏楽はポップスという非常に乱暴な感覚があります。d0017084_10474896.jpg吹奏楽の人達は、いつもとっても楽しそうに見えます。
 楽器紹介コーナーで、オーボエさんが「白鳥の湖」を吹いた瞬間はじめて、オーボエを大学1年の1年間でやめてしまったことを後悔しました。せめて、4年吹くんだった。あの時は、ほとんど音を出せないまま、いや、自分に合わせてリードを削れないまま、1年が過ぎてしまったのでした。
 演奏会は3時半過ぎに終わり、食いしん坊のNさんは予想通り「晩御飯には早すぎるけど~」と。それでまずお茶をしに行き、5時に回らないお寿司屋さん(ニャンコ座町には回るお寿司屋さんは無い)に行き、おごってもらってしまいました。Nさんは「今日は1日楽しかったぁ、ありがとう」と言って、車を降りました。私こそ、ありがとうございます。
 その足でマックスバリューにより、少しの買い物を済ませて外に出ると、パパと手をつないだ1歳ちょっとの男の子が、パパの手を放して、私と手をつなぎに来てくれたのです。なぜだろう、きっとNさんのおかげで、私は幸せオーラが出ていたのかもしれませんね。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-11 09:31 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

来年もよろしく (12/10)

 昨日はお天気は良かったのですが、行きは事故処理の関係、帰りは凍結の速度規制のために、高速バスが遅れました。それでも無事に行って来られて、良かったです。普通に札幌に行って、普通にファーチレの練習をして、普通に疲れた感じです。札幌の人込みを歩いていて、そこにへたり込みたいほどの疲労感をおぼえたこともあるのに比べると、上できでした。このまま行けばいいのだけれど、期待はしないでおきましょう。
 気が付けば、もう10年以上のファーチレ在団です。ぶれないで、歌いたい曲を追求する所であり、そしてそれはファーチレと出会う前には体験しにくかった分野であり、それでいて安心して居心地が良いのです。
d0017084_1026736.jpg
 早く準備したら、早々にでき上がってしまいました。これ以上持っていても仕方ないので、一昨日投函しました。今年のクリスマスカードです。笑美はあざなので、本物には本名が入っています。もちろん顔もはっきり写っています。基本、喪中の葉書をくださった方あてなので、お悔やみの言葉も入れました。
 年内のファーチレの練習は、昨日で最後でした。ちょっと早いですが、「良いお年をね。来年もよろしくお願いします」と言って、お別れしました。来年、7月15日、サンプラザホールでコンサートをします。ごちゃコンと近いので気になりますが、のりきってみせるさ。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-10 10:24 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

元気に1歳になってくれてありがとう (12/9)

 息子がけいこなので、5日に合同誕生日パーティーをしたそうですが、今日が笑美ちゃん(ネット上のあざな、芸名ですよ)の誕生日です。
  F3D9.gif1' Happy Birthday Dear My GranddaughterF3D9.gif
d0017084_8532646.jpg 息子は笑美ちゃんがハイハイレースで完走できなかった、というかスタートから動かなかったことがやはりおさまらないらしく、まだこんなツイートをしていました。「こんなに動かないなら、赤ちゃん相撲に出せば良かったんじゃないか。ようは組み合うわけじゃなく、土俵から先に出た方が負け」なるほどね。わかるよ、その気持ち。
 でもさ、早くちっちゃく生まれて(一応予定日は1月26日だったらしい)来た笑美ちゃんが、大きな声で自己主張し、もう歩きだしそうなのだから、d0017084_8551733.jpgそれで十分です。コウノドリを見ると、こんなだったのかなぁなんて思います。元気に1歳になってくれて、ありがとう。
 スカイプを見ていると、Yちゃんが明るく活発に岡山弁で話しかけていて、息子はいつもは北海道弁をベースにしたへんてこな関西弁なのですが、かなり岡山弁がうつっていて、これは笑美ちゃんはとりあえず、岡山弁になりそうな気がします。両親がおしゃべりなので、たぶん笑美ちゃんも負けじとそうなるでしょう。うるさい家族だ。
d0017084_8555775.jpg 私は2月に1度会ったきりですが、来年春に会えたら、何と呼んでもらおうか思案中です。Yちゃんのお母さんは「ばぁば」なのだそうです。「ばぁば」は最近はやりですよねぇ。はやり過ぎなので、そうはしまいと思っていました。良く聴きますが、お婆さんとお祖母さんは違います。他人に「お婆ちゃん」と呼ばれたくはありませんが、続き柄として孫に「(お)祖母ちゃん」と呼ばれるのは当たり前で、シンプルで良いと思います。
 左腕はだるいままですが、何か針仕事がしたくてたまらなくなりました。こ~んなかわいい毛糸を見つけたので、マフラーを編んでいます。1歳になりたての子に、いわゆる首という部分があるかどうか不明だし、息子は首周辺に何かが当たるのを嫌がる子だったので、全然報われなくても平気ですよ。ただ、ピンクの毛糸で編む時間が幸せだからです。
 先月、ファーチレに行く元気がなかったのですが、今日は行きます。しばらくぶりだ。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-09 08:51 | | Trackback | Comments(3)

初めての賞状 (12/8 太平洋戦争開戦の日)

 12月にこんなに寒いのは、19年ぶりという話ですが、19年前辺りに12月だというのに寒くてどうなってるの?と思った記憶があるので、その年でしょう。でも1月になったらその割でも無く、平和に春になったような気がします。この冬もd0017084_9421441.jpgそうなると良いのですが。
 明日の誕生日までは、笑美ちゃんネタを引っ張ります。
 笑美ちゃんは、昨日は「ハイハイレース」に出たそうです。張り切って行ったのですが、スタート直後に隣の男の子に突撃し逆送して暴走し、向きを変えたら泣き叫び、スタートから動かず時間切れ。レースにならず、なかなか動かない子、ゴールしかけたのに別な方向へいく子もあり、歩いて失格になる子もある中、完走しなかったのは笑美ちゃんだけだそうです。周りの人たちがみんなで「がんばれがんばれ」と言ってくれたので、どこへ行って良いか分からなかったみたい。だから、この賞状嘘なんだそうで。
 おまけは、終わってからコースにおろしてみたらメチャクツャ早くて、14秒でゴールしたんだそうです。パパとママは、いささか悔しかったでしょう。私はその様子を妄想して、ニタニタしています。本人は、こうツイートしています。
 「私は賢いから、自分の利益にならないことはしません。ほかのガキどもはホイホイ、ハイハイをしてたようですが、したところでなんの得にもならない賞状とお尻ふきが貰えるだけのレースに、無駄な体力を使うようなことはしなかっただけです」d0017084_9432596.jpgだそうで。
 私は息子1人しか育てていませんが、笑美ちゃんは活発な子であると感じます。動きもシャープだし、声がでかい。腹筋の入った凛とした声で、さかんに歌うように声を出しています。昨夜は、焼き芋の袋で遊んでいました。すみません、バババカ全開で。
 去年思い切ってプレゼントした「君の椅子」の事を思い出し、スカイプの時に聞いてみました。椅子を持って来て、座らせてくれました。まだ不安定なので、機嫌が悪くなってしまいました。もう少し大きくなったら、笑美ちゃんを守る椅子、いつも側にいてやれない私の心だと思ってくれたら良いな。
 去年の今頃は、抗うつ剤のせいで、息子にハイであると指摘されていました。心がハイになって、だるい体が付いて行けず、困っていました。今年は、心と体はだいたい一致している感じです。だから、何か楽しいことをあえて見つけなければ、つまらなくなってしまいます。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-08 09:40 | | Trackback | Comments(0)

内親王様のツイート (12/7)

 今頃が、1番日暮れが早いのだそうです。もう少し、もう少しです。
 もうやめちゃったのかと思った、笑美(わらび)内親王様のツイートが、久々にd0017084_912796.jpg賑やかになっていました。いとうれし。
 「飾り付けもしてもらったりと、とても楽しい誕生日でした。来年には喋れるようになってせいぜい、誕生日=楽しいと理解したフリをして親を喜ばせてやるか」とか、
「一生幸せに暮らせるようにと、一升餅を背負わされました。8キロの私が1.8キロの餅を背負わされるなんて虐待です。ママパパは(私もスカイプで笑って応援していた)立て立てと応援しましたがムカついたので泣きわめきました」とか
「将来を占う、選び取りもしました。そろばんを選んだら商人にとか、お金を選んだら金持ちにとか、はさみを選んだら器用にとかいう占いです。私は筆をとりました。パパはわしに似て文章で生計を立てる子になると喜んでいましたが、パパが今年文章で得た収入は30万も届いてないはずです」とか書いてありました。
 その息子のツイートは、
「34歳である。32歳で死んだ人は、龍馬やシューベルト安重根など大物ぞろいも、33歳ではリチャードⅢ世くらいなのだが、34歳は北条時宗、エヴァ・ペロン、ガガーリン、アイルトン・セナと大物ぞろいでなにより三谷さんが古畑を書いた歳である。まだなにも成し遂げていないのでd0017084_91364.jpg焦るばかり」
確かにそろそろ何とかなってほしいものですが、死んでは困るので、ここはぜひテレビドラマを書いて当ててほしいものです。大河ドラマ書くんじゃなかったっけ。その前に朝ドラかなぁ。どなたか、テレビ界の権力者にお知り合いはいませんか?忖度してくれる人。
 息子のツイートを追って行くと、こんなのがありました。
 「まあ、父はプライドを持って体罰をふるわない教員だったけどね。体罰なしであんなおっかない人はいない。私は父が怖過ぎて、父以外の誰に怒られても怖くなくなったので、父が死んだあとは誰になにを怒られても右から左になって傍若無人になったのだ」
 なるほどねぇ。幼稚園の先生にも「お父さんはこわいの」と訴えていたほどですから。これね、例の相撲の問題。
 「若貴が嫌いで、外国人力士への差別になによりも怒っていた父の教育をうけたわしが、日馬富士が100%悪いと言ってるのだ。元から外国人力士に偏見を持った輩は口をつぐんでおれ。100%暴力を振るう奴が悪いのに、ネトウヨが入って来ると正統性が薄れる」
 私の中では、相撲への興味は大鵬と千代の富士で終わっていて、何の関心もないのです。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-07 09:09 | | Trackback | Comments(0)

CMに使われる曲 (12/6)

 お隣の馬たちは、雪を掘って草を食べています。1頭はポニーです。
 ニャンコ座町の隣町には、レコード館があります。今年のことですが、そこに目標としていた100万枚目に寄贈されたのは、は坂本九さんの「幸せなら手をたたこう」でした。d0017084_10202812.jpgアメリカ民謡を原曲とする日本語の歌で、こんなに単純なのに、良い曲ですよね。ヒットしたのは、1969年だそうです。
 最近、この曲が使われているCMも良く目に(耳に)します。indeedとWOWWOW の替え歌CMです。「仕事探しは、インディード」「バイト探しもインディード」、斎藤工君と名前知らない女優さんとが、色んな職業になるのが、けっこう面白くて好きです。特に、求人しようとしていて「お高いんでしょうね」と言うのが、笑えるかな。後、医者のも良いね、バイト医者が今風で。
 もう1つが、「フフフフ~ンに入ろかな」のWOWWOW のCMです。こちらは柳楽優弥君と有村架純ちゃんです。単純で短いからこその説得力です。今の所、入る予定はないですけどね。
d0017084_1021396.jpg CMと言えば、今年のごちゃコンでボディーパーカッションに使った、「モーツァルトのトルコマーチ」も負けてはいません。「パヤパパパ」とボーカルで流れるのは、「やわらぎ斎場」のCMです。様々なパターンがありますね。
 この頃は、オリジナルピアノバージョンのエスビー『濃いシチュー』シリーズ『ここだけの話 純生クリーム篇』のCMが良く流れます。西島英俊様が、クリームシチューのあまりのおいしさに「それ、ちゃんと言った方がいいんじゃないですか?」と、真面目に言う所が深い。トルコマーチは、西洋と東洋の交わる所、不思議な響きがあるんですよ。
 息子の誕生日は、笑美ちゃんの誕生日に吸収合併されると書きましたが、諸々事情があって、昨夜誕生会をしたようです。イベントをスカイプで見せてくれました。ケーキが2つ。「1」のキャンドルが乗ったYちゃんの手作りのと、「34」が乗ったのと。部屋にはちゃんと飾り付けがしてありました。笑美ちゃんは、スカート履いていました。一升餅も用意してありました。背負わされた笑美ちゃんは、重くて泣いていました。その次が、1歳の誕生日に行う「選び取り」でした。笑美ちゃんは、ボールペンを選んでいました。字が上手くなるのか、文筆家になるのか、楽しみですね。そして、プレゼント贈呈は、積木でした。息子はYちゃんに、スマホも使える手袋をもらっていました。誕生日中継、どうもありがとう。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-06 10:17 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

ちゃんとした父親に (12/5 息子の誕生日)

 夜中に雪が降る予報だったので、今朝は恐る恐る外を見ると、積雪は5㎝位。この程度で良かった。
024.gif34' Happy Birthday To My Son024.gif
d0017084_9482873.jpg まさか息子が34歳になろうとは、自分が62歳であることよりも不思議な気分です。日馬富士よりも白鵬よりも金正恩よりも年上だということが、にわかには信じられないです。
 先日、息子からのやや重要な郵便物が、予定通り届かない事件がありました。日本の郵便局はかなりあてにできると思っていますが、なぜなのかを考えてみたら、息子が郵便番号を書き間違えていて、たぶんそのせいで、余計な回り道をしてきたのだろうと思いました。そんないい加減な息子ですが。
 この間、もともと持っていた、猫とピカチュウのぬいぐるみがばっちくて、笑美ちゃんを遊ばせられないと、Yちゃんに叱られたからって、一生懸命に洗ったそうです。帰省すると母親が病気なのにもかかわらず、まず動かない、息子が、ぬいぐるみを洗ったということが、とっても新鮮でした。
d0017084_9492044.jpg 去年の誕生日の頃は、いくらなんでもまだ笑美ちゃんが生まれるなどとはこれっぽっちも思わずにいました。こんなに誕生日が近くては、おそらく今後は息子の誕生日は省略というか、吸収合併されて行くことでしょうから、私が盛大に祝ってやりましょう。
 息子が赤ちゃんの頃の、いっちゃんとの写真を探してみたら、何枚か良いのが見つかりました。この時まだ、いっちゃんは29歳後半です。それでも私(28歳なりたて)は、全幅の信頼を抱いていました。大人である、社会人である、父親であると。今日34歳になった息子は、稼ぎは少ないですが、私が思っているより、心配しなくともちゃんとした父親になっている・・・のかな。だったら良いのだけれど。
 農協の直売コーナーに、長谷川京子さんが作った、うずまきカリフラワー(250円)があったので、買ってみました。自然とは、なぜにこんなに凝った形を作りだすのでしょう。味や食感は、普通のカリフラワーでした。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-05 09:46 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

茹で上げたいので (12/4)

 昨日は午前中雪が降りました。読者の皆様で、道外にお住まいの方にはわかりにくいかもしれませんが、雪が降ったことをあえてブログに書くってことは、ニャンコ座町は雪が降ることが少ないからなのです。そう冬は圧倒的に晴れの日が多いです。d0017084_9454476.jpgでなくても車の運転が苦手で嫌いで、今はパーキンのせいでボ~ッとしたり、気が弱くなって、極力運転しないようにしているのに、雪が積もったら尚の事回避することばかり考えています。それでも、シンプルに雪が積もった景色は美しいです。今日は良い天気です。
 昨日が午前中に、猫が大好きな、ヒートポンプの業者さんが来てくれました。原因は、外壁を伝っている管で、軽い凍結が起こったことらしいです。昨日は気温が上がったので、少し待っていると、戸惑いがちに出てきました。
 私、未だに理解できません。ヒートポンプでお湯をわかず。それがタンクにためられる。タンクからいったん外に出て、壁伝いに2階に上って、お湯はりをするらしいのです。だから、タンクのお湯をそのまま使う他の給湯には、何ら問題が無かったのです。追い焚きは、熱いお湯の周囲をめぐらせるのだそうです。冬場は、さっさと水を抜いて掃除をしてはいけません、少しずつ循環させて凍結を防いでいるのでと言われていたので、私はしっかり、お風呂に入る寸前に掃除をしていたのです。でも、その循環が上手くいかない設定になっていたらしいのです。最近はいじったつもりはなかったのですが、d0017084_9461594.jpg初めのうちトリセツ見ながらあちこちいじっていたかもしれません。
 業者さん、設定をし直して「心配しないで、もう触らないでください」と、帰って行きました。「今日はお休みでしょう?ごめんなさいね」と言ったら、「せっかくだから、この近辺の工事したお家の調子をうかがって行きますよ」と、笑顔でした。どうしても又凍るようだったら、その時は外の配管の断熱をやり直すそうです。それにしても、氷点下20℃を下回っても熱を発するというしくみは、業者さんにも理解不能だそうです。
 ニャンコ座にも、温泉施設があります。行くのは簡単ですが、私はどうも億劫です。特にこんな体調になってからは、昼間温泉に行ったとしても、寝る直前にホカホカに自分を茹で上げておきたいのです。
 はしだのりひこさんが、72歳で亡くなりました。死因はパーキンソンと書いてありました。悲観しているのでもないですが、やりたいことは70歳までにやらなくちゃと、強く思いました。
 「直虎」の毎回のタイトルが面白いのですが、来週は「本能寺が変」だって。吹いた。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-04 09:43 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

電気料金 (12/3)

 2週続けてトラブルが起こって、それぞれの予定が狂っています。先週は相手の方ののっぴきならない事情。今週は私の方です。お風呂の湯はりができなくなりました。ヒートポンプに変えて、お風呂はややこじれています。2階にあるのがまずいんでしょうかねぇ。d0017084_931396.jpg台所も洗面所も、お風呂のシャワーからも、お湯は出るのです。給湯のリモコンも「お湯はりをします」と、ちゃんとしゃべるのに、タンクのお湯は満タンなのに、1滴たりともお湯が出てきません。今日もう少ししたら、業者が来ます。詳しくは明日書きます。
 せめて良いことを。電気料金のことです。11月の請求書が来たので、去年と比べてみました。契約パターンが違うので、単純比較はできませんが、去年の11月は、43,802円(普通のご家庭の、電気・ガス・灯油代です)で、今年は25,017円でした。57%です。11月は寒かったので、暖房はたぶんやや強めにしていたと思います。
 11年前にニャンコ座を建てた時は、オール電化は得であるとほくでんにのせられて、そうしました。当時は厳寒期でも4万になるかならないだったように思います。d0017084_9321317.jpg電気料金はどんどん上がり、請求書を見るのも嫌になっていました。この調子で行けば、確かにメーカーの言った通り、10年あれば元はとれそうです。10年はこの家に一人で住めるくらいの元気を保たなければ。
 とはいえ、たびたびお湯はりがこじれては困ります。しっかり見てもらいます。
 昨日、喪中の葉書が10枚と書いたばかりですのに、昨日残念ですが2枚来てしまいました。70代が1人、この方は良く知っている方のご主人様なので、来ることは予想できていました。もうお一方は80代のお母様です。クリスマスカードを2枚プリントし、宛名を書きました。
 昨日もドヨ~ンとした気持ちでいると、笑美ちゃんからラインのビデオ電話が来ました。自分でりんごをつかんで食べて、とびきりの笑顔で5本のかわいい歯も見せてくれました。急に元気が出て、クリスマス飾りの続きをしました。次の通院の日に、マッサージの予約を取りました。90分のを。液体になってやる。
[PR]
# by nyankai | 2017-12-03 09:30 | 暮らし | Trackback | Comments(0)